ドゥラメンテ産駒のドゥーラが勝利

9月3日、札幌競馬場で行われた札幌2歳Sは斎藤新騎手騎乗のドゥーラが1着で入線。2着にはドゥアイズ、3着にはダイヤモンドハンズが入線した。

シャンドゥレールが出遅れ。3頭が競り合うハナ争いを制したのはフェアエールング。ペースは前半1000mが1.01.4と落ち着いていたが、消耗が激しかったのか、直線では先行勢が崩れた。

勝ったドゥラメンテ産駒のドゥーラは中団からレースを進め、直線で外に出しそのまま押し切った。鞍上の斎藤新騎手はこれで重賞3勝目。管理する高橋康之厩舎は初の重賞勝利となった。

2着に入ったのは吉田隼人騎手騎乗のドゥアイズ。3着には最内枠からスタートして中盤まで最後方で待機していたダイヤモンドハンズが入線した。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。


《関連記事》
・【札幌2歳S】「前走東京」はクラシック制覇に繋がるローテ 唯一の該当馬はシャンドゥレール
・【札幌2歳S】出走馬が国内GⅠ計37勝の出世レース 2000年、2020年の名勝負を振り返る
・【札幌2歳S】馬券のカギは「キャリア」と「前走脚質」 高配当の使者はルメール騎手騎乗のジョウショーホープ