阪神・青柳晃洋は村山実以来56年ぶり快挙へ

プロ野球のシーズンも終盤に入り、優勝争いとともに気になるのがタイトル争いだ。最多勝争いではセ・パ両リーグとも前年のタイトルホルダーがトップを走っている。

阪神・青柳晃洋は20試合に登板して12勝3敗、防御率1.61。勝率.800も含めていずれもリーグトップで、投手3冠も見えてきた。昨季は最多勝(13勝)と最高勝率(.684)の2冠に輝いており、今やリーグを代表する投手の一人となっている。

では、セ・リーグで2年最多勝に輝いた投手は過去にどれくらいいるのだろうか。一覧が下の表だ。

セ・リーグの2年連続最多勝投手


1957年に28勝、1958年に31勝を挙げた金田正一(国鉄)から2017年に17勝、2018年に15勝を挙げた菅野智之(巨人)まで11人いる。阪神では、「2代目ミスタータイガース」村山実が1965年に25勝、1966年に24勝でタイトルを獲得しており、青柳が今季も最多勝を獲れば56年ぶりの快挙だ。

ほかにも、「権藤、権藤、雨、権藤」と言われるほど連投に次ぐ連投でチームに貢献した権藤博(中日)は1961年に35勝、1962年に30勝。「カミソリシュート」の平松政次(大洋)は1970年に25勝、1971年に17勝を挙げた。

江川卓(巨人)はプロ2年目の1980年に16勝、1981年に20勝。遠藤一彦(大洋)は1983年に18勝、1984年に17勝でタイトルに輝いた。

「平成の大エース」と呼ばれた斎藤雅樹(巨人)は計5度の最多勝を獲得しており、2年連続も2度ある。1989年、1990年に連続20勝、1995年に18勝、1996年に16勝を挙げ、通算180勝をマークした。

山本昌広(中日) は1993年に17勝、1994年に19勝を挙げ、50歳まで現役でプレー。セス・グライシンガーはヤクルト時代の2007年に16勝、巨人に移籍した2008年に17勝をマークし、2球団で最多勝に輝いた。今季限りの引退を表明した西武の内海哲也も巨人時代の2011年に18勝、2012年に15勝でタイトルを獲得している。

好成績を残せば他球団から研究されるにもかかわらず、2年連続でタイトルを獲得するのはずば抜けた実力と努力の賜物だろう。青柳が村山以来の快挙を達成するか注目される。

オリックス山本由伸は史上初の2年連続投手4冠へ

パ・リーグではオリックスの山本由伸がリーグトップの12勝。防御率(1.82)、奪三振(172)、勝率(.706)も1位を走っており、史上初の2年連続投手4冠という偉業へ突き進んでいる。

パ・リーグ歴代の2年連続最多勝は以下の通りだ。

パ・リーグの2年連続最多勝投手


1954年に26勝、1955年に24勝を挙げた宅和本司(南海)から1999年に16勝、2000年に14勝、2001年に15勝で3年連続最多勝に輝いた松坂大輔(西武)まで7人いる。

「神様、仏様、稲尾様」と崇められた稲尾和久(西鉄)は1957年に35勝、1958年に33勝を挙げ、1961年(42勝)と1963年(28勝)にも最多勝を獲得するなど通算276勝をマーク。通算317勝左腕の鈴木啓示(近鉄)は1977年に20勝、1978年に25勝で連続最多勝に輝いた。

「トルネード投法」で旋風を巻き起こした野茂英雄(近鉄)は、1990年に18勝、1991年に17勝、1992年に18勝、1993年に17勝でルーキーイヤーから4年連続最多勝。後にメジャーでも活躍し、日米通算201勝を挙げた。

キップ・グロス(日本ハム)は1995年に16勝、1996年に17勝。通算182勝を挙げた西口文也(西武)は1997年に15勝、1998年に13勝で2年連続タイトルを獲得した。

山本の所属するオリックスでは、前身の阪急時代も含めて2年連続最多勝を達成した投手はいない。284勝を挙げたサブマリン山田久志や350勝の米田哲也でさえ、成し遂げていないのだ。

他球団のマークが厳しくなり、自身の勤続疲労もある中で2年連続タイトルを獲得するのは容易ではない。ましてや、2年連続4冠など、今年できなければ2度とないかも知れない歴史的大偉業だ。残り試合、山本の1球1球が注目される。

※成績は2022年9月4日現在

【関連記事】
・現役投手の日米通算勝利数ランキング、楽天・田中将大が200勝へカウントダウン
・山本、山岡、山﨑らチーム支える「オリックス山脈」頂上への道のりと現在地
・阪神・藤浪晋太郎がやっと辿り着きそうな1000奪三振、再び大谷翔平と交錯する野球人生