9月22日からシドニーで戦う12人が発表

日本バスケットボール協会(JBA)は、9月22日〜10月1日にオーストラリア・シドニーにて開催されるFIBA女子バスケットボールワールドカップに臨む「AKATSUKI JAPAN」女子日本代表チーム12人を発表した。

昨夏の東京五輪で銀メダルを獲得したメンバーからは、髙田真希、赤穂ひまわりらが選出された一方、WNBAのワシントン・ミスティックスでプレーした町田瑠唯は落選した。

W杯には12チームが出場。1次リーグは6チームずつ2組に分かれて争われ、B組に入った日本は22日の初戦でマリと戦う。その後は、セルビア、カナダ、フランス、オーストラリアと対戦する。各組上位4チームが決勝トーナメントに進み、優勝チームには2024年パリ五輪への出場権が与えられる。

選出メンバー12人は以下の通り。

・馬瓜ステファニー(PF/トヨタ自動車アンテロープス)
・安間志織(PG/UMANA REYER VENEZIA)
・髙田真希(PF/デンソーアイリス)
・渡嘉敷来夢(C/ENEOSサンフラワーズ)
・𠮷田舞衣(SG/シャンソン化粧品シャンソンVマジック)
・山本麻衣(PG/トヨタ自動車アンテロープス)
・平下愛佳(SG/トヨタ自動車アンテロープス)
・宮崎早織(PG/ENEOSサンフラワーズ)
・宮澤夕貴(SF・PF/富士通レッドウェーブ)
・東藤なな子(SG・SF/トヨタ紡織サンシャインラビッツ)
・赤穂ひまわり(SG・SF/デンソーアイリス)
・オコエ桃仁花(PF/富士通レッドウェーブ)
※ポジション:PG-ポイントガード、SG-シューティングガード、SF-スモールフォワード、PF-パワーフォワード、C-センター

【関連記事】
・バスケ女子日本、恩塚亨新監督が初陣で示したパリ五輪金メダルへの可能性
・日本女子バスケ史上初の五輪銀メダル、アメリカが7連覇
・男子バスケW杯予選アウェーイラン戦にホーバスHC帯同せず 米国とイランの関係性考慮