ファルコニアが勝利

9月11日、中山競馬場で行われた京成杯AHは吉田隼人騎手騎乗のファルコニアが1着で入線。2着にはミッキーブリランテ、3着にはクリノプレミアムが入線した。

戦前の予想通りベレヌスがハナを切ったものの、道中でミッキーブリランテが一気に動いてハナを奪い取る。この動きもあって内枠各馬が進路取りに手間取る中、外からスムーズに抜け出したファルコニアが勝利した。重賞は8度目の挑戦で待望の初勝利。

2着には途中から逃げる形をとったミッキーブリランテ、3着には8枠13番のクリノプレミアムが入った。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。


《関連記事》
・【京成杯AH】緩まない中山マイル重賞に強い「デインヒル」内包馬 有力馬の血統を一挙解説
・【京成杯AH】カギは芝1800m戦の中京記念 逆転候補はファルコニア、ミスニューヨークとシャーレイポピー
・【京成杯AH】「栗東所属の5歳」「牝馬」が中心 近4年で3連対のデータに合致するミスニューヨーク