ミッキーブリランテが動くも、ペースはスロー

サマーマイルシリーズは最終戦前までで米子Sと関屋記念を勝ったウインカーネリアンがトップ。2位につけたベレヌスが追っていた。シュリ、ファルコニア、ミスニューヨークも京成杯AHに駒を進めたが、逆転優勝の権利は2位ベレヌスにしかなかった。

そのベレヌスのポイントは小倉芝1800mの中京記念1着によるもの。ここまでマイル戦は【0-1-0-3】で勝利なし。2着は今春の新潟・谷川岳S(勝ち馬ウインカーネリアン)でのもの。前後半800m48.6-45.0という新潟マイル特有の超スローペース。逃げのアドバンテージを目一杯使い切ってのものだった。中山のマイル戦はその前走東風S0.2差4着。ここも前後半800m47.5-46.6と中山マイルとしては緩い流れを演出した。逆転優勝に向けて、ベレヌスにとってはマイペース、緩めの流れが必要だった。

そこで気になるのがシュリ。前走関屋記念でベレヌスと似た流れを作り、2着好走。21年谷川岳Sを3角先頭から押し切ったように積極策が持ち味。ベレヌスと展開がかち合う。だが、ベレヌスは先手をとりやすい1番枠を引き、さらにシュリが競走除外。流れはベレヌスのマイペースに傾いていた。

レース序盤は思惑通りベレヌスの先手を取った。背後にコムストックロード、ファルコニアで隊列は決まったかに見えた。だが、2コーナーに入る残り1200m付近、スタートで遅れたミッキーブリランテが外から進出、一気にベレヌスからハナを奪った。ベレヌスの得意パターンに持ち込ませては勝ちはない。ミッキーブリランテも後ろから差す形より好位からスピードに乗りたい。ベレヌスどうこうではない。ミッキーブリランテの好走には必要な策だった。だが、これが結果的にベレヌスのリズムを乱した。

前後半800m47.5-46.1はベレヌスの得意な流れだったが、自らが作った流れではないと勝手が違う。逃げ馬の宿命だ。後半800mは11.7-11.3-11.3-11.8。スローでもマイル戦らしい持続力勝負。開幕週で後ろから差すには厳しい流れになり、先行勢の叩き合い。タイミングよく4コーナー2番手にいたファルコニアがミッキーブリランテをゴール前で交わした。

ファルコニアは中京記念の3着馬。小倉芝1800mは決して好条件とはいえず、得意のマイル戦で巻き返した。ハイペースのマイラーズC3着があるが、得意は直線が長いコース、またはスローを好位から速い上がりで押し切る形。ディープインパクト産駒らしいスピードタイプで開幕週の走りやすい馬場も味方した。

高野友和厩舎は中山開幕週の重賞を連勝。レイパパレやスタニングローズ、そしてファルコニアと好位からスピードで押し切るタイプが多い。最後までしぶとく粘る力は坂路で一杯に追う調教スタイルの賜物。急坂コースに強く、17年〜9月4日までで、中山は勝率21.2%、阪神も13.2%と高い。特に中山は単複回収値100超え。今後、中山遠征の際は注目したい。

中山芝1600mの穴パターン続出

2着ミッキーブリランテは12番人気激走。これには思わず天を仰いだ方は多かったのではないか。なぜなら、この馬にはパターンがある。1400m大敗後、中1週でマイル戦出走時は今回も含めて1、1、2、2着。その人気は9、14、6、12番人気。大穴提供パターンだった。加えてニューイヤーS、東風Sと今回、3回連続中山芝1600m。これほどきれいにパターン化できるのは珍しい。重賞で大駆けしたので、今後は狙われる可能性が高く、人気薄はないかもしれない。それでもこれは覚えておきたい。

3着クリノプレミアムは3着。4コーナー先頭と番手で決まったなか、外を通って押し上げてきたのはさすがだった。中山牝馬Sの覇者でコース巧者。父オルフェーヴルは今年の春開催終了時点で中山マイル通算【10-6-8-77】勝率9.9%、複勝率23.8%。これが前走もマイル戦だった場合は【6-2-2-29】勝率15.4%、複勝率25.6%、単勝回収値235。これも中山マイルの穴パターン。さらに付け加えると、好走はほぼ牝馬。4回中山でもどこかで使える作戦だ。

4着は3番人気ミスニューヨーク。こちらも小回りの差し比べに強い。いい位置がとれるようになり、好走も増えた。直線では馬群に突っ込む形になり、窮屈な競馬になってしまったのは悔やまれる。外に出せる馬場状態であれば、結果は少し違ったかもしれない。そういった状況を待ちたい。

2022年京成杯AH結果,ⒸSPAIA


ライタープロフィール
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』や競馬雑誌『優駿』(中央競馬ピーアール・センター)にて記事を執筆。Yahoo!ニュース個人オーサーを務める。共著『競馬 伝説の名勝負』シリーズ全4作(星海社新書)。

《関連記事》
・【ローズS】最後の一冠へ、夏の上がり馬に要警戒 サリエラだけじゃない有力候補
・【セントライト記念】ダービー3着アスクビクターモアなど春の実績馬優勢  穴候補は関西馬セイウンハーデス
・凱旋門賞に出走した日本馬一覧 過去最高成績はエルコンドルパサー、オルフェーヴル、ナカヤマフェスタの2着