場内はGⅠレースさながらのボルテージ

ゴール前に近づくにつれて、急激に場内のボルテージが上がった。

GⅠレースさながらのそれを呼び起こした主は、オープンファイア。9月11日(日)の中京5R・芝2000m戦でデビューした栗東・斉藤崇史厩舎所属のディープインパクト産駒は、単勝1.3倍と断然の人気を集めていた。しかし、スタートでは大きく伸び上がって出遅れ。7頭立ての後方2番手からレースを進める形となった。

レースを引っ張ったサンライズジークをピースオブザライフが半馬身〜1馬身差でピッタリとマークする形。前半1000mは1:06.6と超スローペースで流れた。

3角でオープンファイアの鞍上ルメール騎手は少し促す素振りを見せ、一頭交わしていく。直線に入り外に持ち出すが、開幕週で内の先行馬有利の馬場、そして前半が超スローペースだったことを考えれば、残り200mで先頭に立ったピースオブザライフの押し切り濃厚と思われた。

オープンファイアは残り100m時点では4番手だった。しかし、ラスト50m。一頭だけ違う脚を見せた。レース上がり33.9のところを33.4でまとめ、ゴール直前でクビ差捉えきった。

スタート、道中の行きっぷり、鞍上が促してからの反応と課題も多いデビュー戦だった。しかし、セレクトセールで3億3,000万円で落札されただけのことはある。そう感じさせるポテンシャルを見せつけた。

10日にはアイルランドの2歳重賞・チャンピオンズジュベナイルSではこの世代がラストクロップとなるディープインパクト産駒のオーギュストロダンが勝利。来春のクラシック候補として名乗りをあげた。

日本で世代最初にデビューし、豪快な勝ち方を見せたオープンファイアにも、今後さらに大きな期待が集まるだろう。

ここからは、2021年のセレクトセールで落札された現場でも取材し、今回のデビュー戦にも運よく立ち会えたということもあっての夢の話。

セレクトセールの上場番号は1番。デビュー戦の馬番も1番など、なにかと「1」に縁がありそうなだけに、世代のトップへと駆け上がっていく──。そんなドラマのようなストーリーがあってもいいのかなと、ふと思ってしまった。

9月10,11日の注目2歳馬オープンファイア,ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

祖母はダンスインザムード

今週末は3日間開催。新馬戦も多く組まれているが、気になっている馬として名前をあげたいのは、9月19日(月・祝)の中山5R・芝1600m戦に出走予定のヒップホップソウル(美浦・木村哲也厩舎)。

父はキタサンブラック、母は2011年フェアリーSを勝利しているダンスファンタジア。祖母にGⅠ・2勝のダンスインザムードがいる良血馬だ。

1週前には先週末の京成杯AHに出走したダーリントンホールと併せ、美浦Wコースで5F68.1-53.0-38.6-24.3-11.5というタイムをマーク。3頭併せの内で互角の動きを見せており、好感が持てた。松山弘平騎手とのコンビが予定されており、どのようなレースをするのか注目したい。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在はカメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場を飛び回りつつ、ライターとしても執筆している。

《関連記事》
・【注目2歳馬】後方2番手からノーステッキで差し切り 素質の高さを見せたテンカノギジン
・【注目2歳馬】3番手から好タイムで快勝のエマヌエーレ レースセンス抜群、対戦相手からも能力の高さ見える
・【注目2歳馬】行き脚つかずも豪快に差し切る Almanzor産駒ヴィアルーチェは距離延長歓迎なタイプ