「焼貝あこや」など全国選りすぐりの10店舗が出店

日本ハムは29日、来季開場予定の新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」内に、これまでの球場・スタジアムには無かった“試合終了後も飲んで食べて語らえる”全国の有名店が集う横丁エリア「七つ星横丁」を展開することを発表した。

コンセプトは「人が集い、食を通して、人と人が仲良くなる場所」「知らない人とも会話が弾む場所」。

横丁の入り口には数多くの提灯が並び、中を歩けばお店の軒が張り出し、美味しい匂いが軒下の席へと誘う。昭和のレトロな雰囲気と現代デザインがマッチしたエリアとなっており、球場イコール観戦だけではない“自由な楽しみ方”が出来る空間が広がっている。

また、「七つ星横丁」には全国の有名店が集う。東京・恵比寿の貝専門店「焼貝あこや」、旭川の有名老舗和食店「天金」、大阪で大人気の生ハム店「マンマパルマ」など選りすぐりの銘店10店舗が出店予定だ。

そのラインナップは以下の通り。
・焼貝あこや
・天金
・大連餃子基地 DALIAN
・大衆食堂 2.0 とぽす
・焼肉と韓国料理 羅山
・銀座 三州屋
・たこ焼道楽 わなか
・マンマパルマ
・麺屋 優光
・ABCDEFG 〜タケシと QUON のお菓子な関係〜

なお、「七つ星横丁」の詳細については球団公式ホームページなどにて。

【関連記事】
・日本ハム新庄剛志ビッグボスの1年目と本拠地移転する来季への期待
・日本ハム、来年開業Fビレッジでグランピング・焚火を中心とした体験型アウトドア事業展開
・2022年日本ハムの年俸ランキング、伊藤大海が2年目でトップ10入り