半兄はキラーアビリティ

関東の名門・堀宣行厩舎が東京芝2000mの新馬戦に送り出し、見事に勝利という結果で応えてみせたジェイパームス。父ジャスタウェイ、母キラーグレイシスという血統、半兄は昨年のホープフルSを制したキラーアビリティという良血だ。

馬体重は490kg、元騎手でカフェファラオなども担当する鈴来直人助手が曳き、パドックでは気合の乗った周回を重ねる。最終的には単勝1.4倍と断然の支持を集めた。

ジェイパームスと鈴来直人助手,ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


レースは好スタートから2角で一旦先頭に立ち、そのまま逃げるかと思われたが、向正面に入ると並走していた内のロッカフラダンサーを行かせて2番手の外に控えた。

最初の200m13.5の後に11.8-11.8と続いたが、先行争いが落ち着いたことでその後は12.5-12.9-12.7-12.6と淡々としたスローペースで流れていった。

そのまま隊列は変わらず4角から直線へと差しかかったが、ルメール騎手の手応えは抜群。残り400mの標識を過ぎてから気合をつけながら追われ始め、残り200mでムチが入ると後続を引き離して3馬身差をつけ、2:01.6でゴールを駆け抜けた。

新馬戦にありがちな上がり勝負を33.8。この数字だけでは強烈なインパクトは受けないが、ラスト600mのラップを見ると11.4-11.3-11.1と加速している点は素晴らしく、兄キラーアビリティと同等以上の能力を秘めていそう。

今年の2歳戦は新馬戦で圧巻のパフォーマンスを披露した馬が2戦目で思わぬ敗戦を喫するシーンも多く見られるが、ジェイパームスにはこのまま順調に、クラシック戦線の主役候補として歩んでくれることを期待したい。

注目2歳馬、ジェイパームス,ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

美浦Wコースでラスト11.2

今週末の2歳戦から取り上げたいのは、11月13日(日)の東京5R・芝1800m戦でデビュー予定のキタサンブラック産駒のソールオリエンス(美浦・手塚貴久厩舎)。半兄には富士Sを勝利し、ドバイターフで2年連続好走のヴァンドギャルドがいる。

1週前の美浦Wコースでの追い切り内容がよく、6F83.7-67.6-52.4-37.7-23.9-11.2。しまい重点だったが、ラスト11.2はかなりの瞬発力がありそうだ。どのようなレースを見せてくれるのか楽しみだ。

その他のレースでは、以前本コラムで取り上げたダノンタッチダウン(栗東・安田隆行厩舎)が11月12日(土)の阪神11R・デイリー杯2歳Sに出走予定。新馬戦は大外を回して、上がり2位を0.7秒も上回る上がり3F33.6をマークした。

サウジアラビアRC3着のシルヴァーデューク(栗東・西村真幸厩舎)がライバルとなりそうだが、全体的に手薄なメンバー構成でもあり、ここもすんなりと突破してほしい。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在はカメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場を飛び回りつつ、ライターとしても執筆している。

《関連記事》
・【注目2歳馬】出遅れるもラスト50mは異次元の末脚 ディープ最終世代・オープンファイアが新馬勝ち
・【注目2歳馬】ラストは流しながら11.8-11.2 良血馬ヒップホップソウルが4馬身差で快勝
・【注目2歳馬】持ったままで5馬身差の大物感溢れる走り リアルスティール産駒・フェイトが好タイムで新馬勝ち