福川将和コーチは配置転換

セ・リーグ連覇したヤクルトは2023年も高津臣吾監督体制を継続し、大きな変更はない。一軍では、引退した嶋基宏選手兼コーチ補佐がバッテリーコーチ兼作戦補佐となった。日本一奪回を狙う2023年のコーチングスタッフを紹介する。

2023年ヤクルト一軍コーチングスタッフ


嶋コーチは中京大中京高から国学院大を経て2006年ドラフト3位で楽天に入団。東日本大震災の起きた2011年、選手会長として臨んだ慈善試合前のスピーチで「見せましょう、野球の底力を」と呼びかけたことが大きく取り上げられた。

2020年にヤクルトに移籍し、2022年限りで引退。通算1441試合出場で936安打を放った。高校、大学で主将、プロでも選手会会長を務めるなど強い責任感とキャプテンシーの持ち主だけに、指導者としても期待される。

また、広島のヘッド兼外野守備走塁コーチを務めていた河田雄祐氏が外野守備走塁コーチに就任。現役時代は広島、西武でプレーし、引退後は西武、広島、ヤクルトでコーチを歴任。ヤクルトのコーチとしては3年ぶりの復帰となる。

そのほか、福川将和二軍バッテリーコーチが野手コーチ補佐に配置換えとなった。松元ユウイチ作戦コーチ、伊藤智仁、石井弘寿両投手コーチ、杉村繁、大松尚逸両打撃コーチ、森岡良介内野守備走塁コーチは留任している。

佐藤真一、衣川篤史両コーチが一軍から配置転換

二軍は池山隆寛監督が留任。コーチングスタッフは以下の通りとなっている。

2023年ヤクルト二軍コーチングスタッフ


新任コーチはおらず、佐藤真一外野守備走塁コーチと衣川篤史バッテリーコーチが二軍から一軍へ配置換えされた。

城石憲之チーフ兼守備走塁コーチ、尾花高夫投手チーフコーチ、小野寺力、松岡健一両投手コーチ、宮出隆自、畠山和洋両打撃コーチ、土橋勝征育成チーフコーチ、山本哲哉育成投手コーチは留任。緒方耕一前二軍外野守備走塁コーチは退団となった。

高津臣吾監督にとって就任4年目となる2023年シーズン。日本シリーズでの悔し涙を胸に刻み、2018年の広島以来となるセ・リーグ3連覇、さらに日本一奪回に挑む。

【関連記事】
・DeNA2023年コーチングスタッフ、勝負の3年目に臨む三浦大輔体制
・ソフトバンク2023年コーチングスタッフ、育成強化へ四軍を新設
・西武2023年コーチングスタッフ、松井稼頭央新体制の顔ぶれ