FIFAランキング1位はブラジル

サッカーワールドカップカタール大会の開幕が迫ってきた。11月20日19時(日本時間21日午前1時)のカタール対エクアドル戦を皮切りに、12月18日18時(日本時間19日午前0時)の決勝まで熱い1カ月となる。

出場32カ国を最新FIFAランキング順に並べると以下の通りとなる。

1.1位 ブラジル(グループG)
2.2位 ベルギー(グループF)
3.3位 アルゼンチン(グループC)
4.4位 フランス(グループD)
5.5位 イングランド(グループB)
6.7位 スペイン(グループE)
7.8位 オランダ(グループA)
8.9位 ポルトガル(グループH)
9.10位 デンマーク(グループD)
10.11位 ドイツ(グループE)
11.12位 クロアチア(グループF)
12.13位 メキシコ(グループC)
13.14位 ウルグアイ(グループH)
14.15位 スイス(グループG)
15.16位 アメリカ合衆国(グループB)
16.18位 セネガル(グループA)
17.19位 ウェールズ(グループB)
18.20位 イラン(グループB)
19.21位 セルビア(グループG)
20.22位 モロッコ(グループF)
21.24位 日本(グループE)
22.26位 ポーランド(グループC)
23.28位 韓国(グループH)
24.30位 チュニジア(グループD)
25.31位 コスタリカ(グループE)
26.38位 オーストラリア(グループD)
27.41位 カナダ(グループF)
28.43位 カメルーン(グループG)
29.44位 エクアドル(グループA)
30.50位 カタール(グループA)
31.51位 サウジアラビア(グループC)
32.61位 ガーナ(グループH)

FIFAランキング上位では、6位のイタリアが出場しない。EURO2020で優勝し、ワールドカップで4度の優勝を誇るイタリアが2大会連続で出場を逃したのは寂しい限りだ。

日本はFIFAランキング24位で出場国中21番目。グループEで7位のスペイン、11位のドイツ、31位のコスタリカと同組になっている。23日16時(日本時間午後10時)のドイツとの初戦で勝ち点を奪えるかどうかが、決勝トーナメント進出を大きく左右するだろう。

第2戦は27日13時(日本時間午後7時)にコスタリカ、第3戦は12月1日22時(日本時間2日午前4時)にスペインと戦う。

アジア勢ではお隣、韓国が28位で出場国中23番目。グループHで9位のポルトガル、14位のウルグアイ、出場国中最下位の61位・ガーナと同組だ。

38位のオーストラリアはグループDで4位・フランス、10位・デンマーク、30位・チュニジアと、いずれもオーストラリアよりFIFAランキング上位の国と同組。開催国のカタールはFIFAランキング50位で、8位・オランダ、18位・セネガル、44位・エクアドルと同じグループAに入っている。

出場国中、下から2番目の51位・サウジアラビアはグループC。3位のアルゼンチン、13位のメキシコ、26位のポーランドと同組だ。

日本は目標に掲げる史上最高のベスト8入りを果たせるか。また優勝はどの国だろうか。世界中が注目するサッカーの祭典がもうすぐ始まる。

【関連記事】
・サッカーワールドカップ歴代優勝国と得点王、決勝スコア、優勝回数ランキング
・サッカー日本代表の歴代ワールドカップメンバーと試合結果
・サッカー日本代表の歴代監督と成績、五輪やW杯を目指した栄光と苦難の歴史