年末の大一番へ繋がる大事な一戦

浦和記念(ダート2000m・JpnⅡ)が2022年11月23日(祝・水)に浦和競馬場で実施される。過去には3歳時のヴァーミリアンやスマートファルコン、ケイティブレイブなどが制し、後にGⅠ・JpnⅠ馬にもなっている浦和最大のダートグレード競走だ。

今年は佐賀記念と白山大賞典を勝ったケイアイパープル、JBCクラシックで4着と好走したクリノドラゴン、地方勢ではJRA重賞勝ちの実績が光る大井のスワーヴアラミス、地元のタービランスなど好メンバーが揃った。このレースを制して暮れの大一番へ駒を進めるのはどの馬か。過去10年の成績から勝ち馬を導きだす。

過去10年の浦和記念,ⒸSPAIA
人気別成績,ⒸSPAIA


過去10年、1番人気はケイティブレイブ(2016年)、メイショウカズサ(2021年)など【2-3-2-3】と上位を形成。2番人気は大井のハッピースプリント(2015年)が勝利を飾るなど【2-1-2-5】。連対馬20頭中19頭が5番人気以内と実力通りの結果が続いている。

3番人気は船橋のサミットストーン(2015年)やダノンファラオ(2020年)など【3-4-1-2】で基本的に人気馬は信頼していい。

所属別成績,ⒸSPAIA


所属ではJRAが14連対(栗東10、美浦4)でリード。JRA勢が6年連続で優勝している。地方馬は船橋が3連対(サミットストーン、ヒガシウィルウィン)、大井が2連対(ハッピースプリント、グランディオーソ)、浦和が1連対(タービランス)。地方馬で勝った2頭は、ともにダートグレード競走で連対実績があった。JRAの強豪と渡り合うには相応の実績が必要だ。

年齢別成績,ⒸSPAIA


年齢は6歳馬が5連対でトップ。3歳馬と4歳馬が4連対で続く。他に7歳馬が3連対で、5歳馬と8歳馬がが各2連対だった。

連対馬20頭に注目すると、18頭に1800m以上のダートグレード競走で連対実績あり。13頭が前走でJpnⅠ・GI出走か、または1着だった。ここ5年では10頭中9頭が該当する。脚質は【逃げ3先行12差し4追込1】と小回りの浦和らしく、先行馬の活躍が目立っている。前々で立ち回れる器用さが必要だ。

2022年浦和記念に関するデータ,ⒸSPAIA

GⅠ級が不在なら負けられない

◎ケイアイパープル
栗東所属の6歳馬。前走の白山大賞典では早めに動いて押し切る強さを見せており、小回り向きの器用さは最大の強みだ。初コースでも地方馬場は経験豊富で、GⅠ級の相手がいなければ重賞連勝の期待は大きい。

◯ラーゴム
前走の白山大賞典で2着。地方のダートにも難なく対応して見せた。ダート中長距離の適性が高いオルフェーヴル産駒で、持ち前の先行力は小回り向き。リズム良く立ち回れればここでも上位争いは可能だ。

▲クリノドラゴン
前走のJBCクラシックで4着と善戦。末脚勝負のタイプで脚質的には広いコースが合っている印象だが、引き続き武豊騎手とのコンビで上位に食い込んできそうだ。

ほか、南関東への転入初戦で快勝した大井のスワーヴアラミス、昨年のこのレースで2着と好走した地元浦和のタービランス、3歳馬タイセイドレフォンも押さえたい。

《ライタープロフィール》
菊池 敬太
サンケイスポーツで南関東競馬を中心に予想とコラムを掲載。
近況のレース内容や傾向、データのほか、現場取材などで集めた情報をもとに高配当を狙っている。

《関連記事》
・【地方競馬対談】JRA・安田隆行調教師が語る! JBCスプリント連覇に挑むレッドルゼルへの期待と、川田将雅騎手の意外な一面とは?
・【地方競馬対談】森泰斗騎手と語る! 南関東でトップを走り続ける原動力、船橋の砂厚、そして日本テレビ盃
・【地方競馬対談】JRA・森秀行調教師と語る! 「ダート三冠革命」と地方所属騎手、そしてクラスターC