セ・リーグは青柳晃洋ら5人が初受賞

プロ野球の2022年度ベストナインが24日、発表された。

新聞社や放送局などで5年以上現場で取材しているプロ野球担当記者の投票で選ばれ、投票総数はセ・リーグが299、パ・リーグが267、有効投票数はセ・リーグが299、パ・リーグが263だった。セ・リーグのポジション別の受賞者と得票数次点は以下の通り。

【投手】
青柳晃洋(阪神)初 286票
今永昇太(DeNA)6票

【捕手】
中村悠平(ヤクルト)3度目 176票
木下拓哉(中日)79票

【一塁手】
J.オスナ(ヤクルト)初 160票
佐野恵太(DeNA)41票

【二塁手】
牧秀悟(DeNA)初 271票
山田哲人(ヤクルト)17票

【三塁手】
村上宗隆(ヤクルト)2度目 298票
宮﨑敏郎(DeNA)1票

【遊撃手】
中野拓夢(阪神)初 205票
長岡秀樹(ヤクルト)88票

【外野手】
近本光司(阪神)2度目 208票
佐野恵太(DeNA)2度目 181票
岡林勇希(中日)初 141票
塩見泰隆(ヤクルト)130票
大島洋平(中日)107票
丸佳浩(巨人)101票

パ・リーグは松本剛ら3人が初受賞

続いてパ・リーグは以下の通りとなっている。

【投手】
山本由伸(オリックス)2度目 260票
佐々木朗希(ロッテ)2票

【捕手】
甲斐拓也(ソフトバンク)3度目 125票
森友哉(西武)84票

【一塁手】
山川穂高(西武)3度目 257票
清宮幸太郎(日本ハム)4票

【二塁手】
浅村栄斗(楽天)6度目 224票
中村奨吾(ロッテ)27票

【三塁手】
宗佑磨(オリックス)2度目 256票
安田尚憲(ロッテ)3票

【遊撃手】
今宮健太(ソフトバンク)3度目 239票
源田壮亮(西武)20票

【外野手】
松本剛(日本ハム)初 192票
柳田悠岐(ソフトバンク)7度目 189票
島内宏明(楽天)初 180票
髙部瑛斗(ロッテ)115票
吉田正尚(オリックス)41票
中川圭太(オリックス)33票

【DH】
吉田正尚(オリックス)初 219票
松本剛(日本ハム)13票

村上宗隆は満票に「あと1」

最多得票は三冠王に輝いた村上宗隆の298票だったが、宮﨑敏郎に1票入ったため満票とはならなかった。パ・リーグ最多得票は投手四冠に輝いた山本由伸が260票を集めたが、こちらも佐々木朗希に2票、千賀滉大に1票入ったため、満票には届かなかった。

連続受賞はパ・リーグ外野手部門の柳田悠岐が3年連続7度目。吉田正尚も外野手で4度受賞しているが、DHでは初受賞となった。

【関連記事】
・2022年ゴールデン・グラブ賞、最多得票は中村悠平、パは山本由伸、菊池涼介は10年連続
・WBC侍ジャパン入りが噂される日系人選手ラーズ・ヌートバーの実力をデータ分析
・WBC侍ジャパン入りが噂される日系人選手スティーブン・クワンの実力をデータ分析