今季メジャーで29登板、防御率5.28

DeNAは28日、前ダイヤモンドバックスのジェフリー・ベンジャミン・ウェンデルケン投手(29)の獲得を発表した。背番号は未定。

米国出身のJ.B.ウェンデルケンは身長185センチ、体重109キロの救援右腕で、2016年アスレチックスでメジャーデビュー。21年途中からダイヤモンドバックスに移籍し、今季は救援で29試合に登板して2勝1敗、防御率5.28の成績を残していた。メジャー通算では救援で144試合に登板して10勝6敗2セーブ、防御率4.00。

投球の軸は平均球速95.0マイル(約152.9キロ)を記録するフォーシーム(投球割合:46.7%)で、変化球もスライダー(同:22.5%)、チェンジアップ(同:16.2%)、シンカー(同:13.5%)、カーブ(同:1%)を操るセットアッパー候補だ。

DeNAは26日に横浜スタジアムで行われたファンフェスティバルで、守護神の山﨑康晃が来季残留を表明。この日も今季4試合(3先発)で防御率2.66の成績を残したガゼルマンとの契約更新を発表するなど、着々と投手陣の整備を進めている。

【関連記事】
・ DeNA2023年コーチングスタッフ、勝負の3年目に臨む三浦大輔体制
・DeNAの通算本塁打ランキング、トップは松原誠の330本塁打 現役では筒香嘉智とソトがランクイン
・DeNA・砂田毅樹と中日・京田陽太のトレードが成立 中日は阿部に続き二遊間の主力を相次いで放出