新馬戦のレベルを改めて証明

フリームファクシは未勝利戦で後続に0.4秒差をつける強い内容で勝利、グリューネグリーンはGⅢ・京都2歳Sを優勝。新馬戦で負かした2、3着馬が続々と好成績を残す中、12月3日(土)の中山競馬場、葉牡丹賞で2戦目を迎えたミッキーカプチーノ(栗東・矢作芳人厩舎)の走りに注目が集まった。

単勝2.8倍の1番人気の支持を受けてゲートが開いたが、あまり良いスタートではなく中団のインを追走。1000mの通過は1:00.0とペースは流れていた。

3角で戸崎圭太騎手の手が動き、そこから徐々にポジションを押し上げ4角では6番手。内から2頭目を回って直線に向くと、軽く仕掛けられただけで前との差を詰めて残り100mで先頭へ。最後は後続に3馬身半差、1:59.1という好タイムでの楽勝だった。

今回の内容からエンジンのかかりは決して早くなく、東京での新馬戦でラスト11.4-11.3-11.3だったことも踏まえると、広いコースの方がさらに良さが発揮できるタイプだろう。

それでも中山でレース後半11.9-11.9-11.8-11.5-12.0と11秒台のラップが4回続く流れをノーステッキで楽勝。大きい舞台が狙える器の持ち主であることは間違いない。18頭立てという多頭数のインで脚を溜める競馬を経験できた点も、今後に向けては大きなアドバンテージになるはずだ。

2022年葉牡丹賞を制したミッキーカプチーノ,ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


2022年12月3日の注目2歳馬、ミッキーカプチーノ,ⒸSPAIA(写真撮影:三木俊幸)


2歳女王に輝くのは

今週末は世代最初のGⅠで2歳女王を決める一戦、阪神JFが行われる。ここはアルテミスSで上がり33.0をマークし、豪快に差し切ったラヴェル(栗東・矢作芳人厩舎)よりも、2着に敗れたリバティアイランド(栗東・中内田充正厩舎)に注目。同馬は直線で進路が見つからず、追い出しがかなり遅れた隙にラヴェルにかわされたもの。スムーズなら逆転可能と見る。

その他にも新馬、コスモス賞を連勝中のモリアーナ(美浦・武藤善則厩舎)や札幌2歳Sを制して挑むドゥーラ(栗東・高橋康之厩舎)など好メンバーが揃っており非常に楽しみだ。

ライタープロフィール
三木俊幸
編集者として競馬に携わった後、フリーランスとなる。現在はカメラマンとしてJRAや地方競馬など国内外の競馬場を飛び回りつつ、ライターとしても執筆している。

《関連記事》
・【注目2歳馬】大物感あふれる走りで6馬身差の圧勝 ドゥラメンテ産駒タッチウッド
・【注目2歳馬】11.4-11.3-11.1の加速ラップで3馬身差勝利 堀宣行厩舎のジャスタウェイ産駒・ジェイパームス
・【注目2歳馬】”出世レース”アイビーSはチャンスザローゼスが勝利 能力の高さを見せるも折り合い面の課題を露呈