前走での人気に注目

11月5日(日)にみやこS(GⅢ・ダート1800m)が京都競馬場で行われる。今年は3勝クラスを勝った素質馬セラフィックコール、アスクドゥラメンテ、エルムS2着馬ワールドタキオン、ラジオ日本賞勝ち馬ウィリアムバローズなど注目の馬が揃った。過去のレース傾向などを踏まえて予想していく。

みやこS前走人気別成績,ⒸSPAIA


まず、京都競馬場で過去9回行われたみやこSにおける、前走人気別成績を調べた。ここでは、「前走で上位人気だった馬」が好走する傾向が分かった。

前走1番人気は【6-3-2-16】で勝率22.2%、連対率33.3%、複勝率40.7%と好成績を収めている。今年の出走馬であれば、アスクドゥラメンテ、セラフィックコール、アイオライト、ペプチドナイル、メイクアリープが該当する。前走2番人気は【2-3-3-16】で勝率8.3%、連対率20.8%、複勝率33.3%とこちらも好成績。アルーブルト、ウィリアムバローズ、タイセイドレフォンが該当する。

反対に前走3〜5番人気は【1-1-3-39】で複勝率11.4%と振るわない。さらに前走6番人気以下は【0-2-1-39】で複勝率が10%を切ってしまう。有力どころであれば、ワールドタキオンが前走4番人気だった。

4歳馬が好成績

みやこSの年齢別成績,ⒸSPAIA


次に馬齢別成績を調べると、4歳馬の好成績が分かる。

3歳は【0-3-1-14】で連対はあるが勝ち馬が出ていない。4歳が【6-2-1-23】で勝率18.8%、連対率25.0%、複勝率28.1%と好成績だ。

5歳【1-3-4-44】複勝率15.4%、6歳【2-0-1-19】複勝率13.6%。この2世代は4歳に比べてやや苦戦している。7歳以上は【0-1-2-10】で複勝率23.1%は優秀だが、3歳同様、勝ち馬が出ていない。

前走1番人気の4歳馬

◎メイクアリープ
前走1番人気の4歳馬で二つの好走条件を満たす。3カ月ぶりのレースとなった前走太秦Sは5着に敗れたが、近走と異なる逃げの競馬になった上に展開的にも苦しく、敗因は明確だった。2走前は後の重賞馬アーテルアストレアと、3走前は先日JBCクラシック(JpnⅠ)を制したキングズソードと差のない競馬をしていることからも、素材は重賞級だ。

今回は逃げ馬や先行馬が多く前は流れそうだが、控えて結果を出してきた経験があるので、そういった競馬なら有利な展開に持っていける。相手関係を見てもOP級のメンバーが多く、重賞にしてはかなり楽。休み明けを叩いて良くなるタイプなので、前走からの変わり身も大きく期待できる。調教も良く、状態的にも上向いているように思える。前走の敗戦で程よい人気になりそうなので、ここは狙い目だ。

◯アスクドゥラメンテ
こちらも前走1番人気の4歳馬。デビュー5戦で4勝2着1回、唯一敗れた相手もハピというように、高い素質を見せてきた。前走は初めて良馬場でのレースになったが、レース内容は重・不良馬場の時よりも優秀だった。エンジンのかかりが遅い点に若干不安があるものの、かかった後の脚は目を見張るものがあり、メンバー中で見ても上位の末脚を持っているのは確かだ。

これまでの競馬を見る限り、中団辺りから競馬を出来るタイプであり、展開の利を生かせる可能性は高い。調教の動きも良く、休み明けを感じさせない状態だ。こちらもセラフィックコールやウィリアムバローズの陰で程よい人気になりそうだ。

▲タイセイドレフォン
前走2番人気の4歳馬。前走太秦Sは先行した馬には苦しい展開で2着に入り、十分に評価できる内容。2走前平安Sは4着に敗れたものの、上位3頭は重賞級の馬であった。過去の走りから京都のダートは合っている印象だ。本命対抗の2頭と比べると先行脚質に寄っているので、展開的に苦しくなりそうではあるが、地力に期待したい。

△ワールドタキオン
前走は展開が向かない中2着に入った。こちらも先行脚質であるため、前走同様展開が厳しくなりそうだが、地力は高い。

×セラフィックコール
素質は間違いなく重賞級。ただ脚質的に極端なので軸にはしにくい。

×ペプチドナイル
前走は逃げられなかったのが苦しかった。このメンバーなら逃げられそうで一発あってもいい。

買い目は◎-◯▲△×の馬連、ワイドで勝負する。この土日に行われる4重賞はどれも難易度が高め。個人的には、ファンタジーSに勝機があるかなと思っている。

▽みやこS予想印▽
◎メイクアリープ
◯アスクドゥラメンテ
▲タイセイドレフォン
△ワールドタキオン
×セラフィックコール
×ペプチドナイル

ライタープロフィール
京都大学競馬研究会
25年以上の歴史がある、京都大学の競馬サークル。馬主や競馬評論家など多くの競馬関係者を輩出した実績を持つ。また書籍やGⅠ予想ブログ等も執筆。回収率100%超えの本格派が揃う。


《関連記事》
・【みやこS】上位クラス好走のウィリアムバローズ、ワールドタキオンらが優勢 4連勝中セラフィックコールはここが試金石
・【みやこS】過去10回で3勝の太秦S組 タイセイドレフォン、メイクアリープらを中心視
・【みやこS】過去10年のレース結果一覧