ブレイディヴェーグは1枠1番

2023年11月12日に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯の枠順が確定した。ローズS2着で、C.ルメール騎手が騎乗するブレイディヴェーグは1枠1番、オークス2着、秋華賞3着のハーパーは2枠3番に入った。

2023年エリザベス女王杯の出馬表,ⒸSPAIA


京都開催の過去10回の枠別成績では、1〜3枠が【6-4-4-45】連対率16.9%。4、5枠【0-3-4-33】同7.5%、6〜8枠【4-3-2-65】同9.5%と比べてもわかる通り、内に好走馬が偏る傾向にある。GⅠだけあって最短距離を回れる内の利が大きいようだ。挟まれる中枠は避け、内>外の意識で軸馬を選びたい。

1枠1番 ブレイディヴェーグ 54.0 C.ルメール
2枠2番 ルージュエヴァイユ 56.0 松山弘平
2枠3番 ハーパー 54.0 川田将雅
3枠4番 ローゼライト 56.0 和田竜二
3枠5番 イズジョーノキセキ 56.0 岩田康誠
4枠6番 ディヴィーナ 56.0 M.デムーロ
4枠7番 ジェラルディーナ 56.0 R.ムーア
5枠8番 シンリョクカ 54.0 木幡初也
5枠9番 アートハウス 56.0 坂井瑠星
6枠10番 ククナ 56.0 浜中俊
6枠11番 ライラック 56.0 戸崎圭太
7枠12番 ゴールドエクリプス 56.0 岩田望来
7枠13番 サリエラ 56.0 T.マーカンド
8枠14番 マリアエレーナ 56.0 三浦皇成
8枠15番 ビッグリボン 56.0 西村淳也

《関連記事》
・【エリザベス女王杯】唯一のGⅠ馬ジェラルディーナは消し ハイブリッド式消去法
・【エリザベス女王杯】15年間の勝ちは全て「前走GⅡ以上」 好データ携えたジェラルディーナの連覇に期待
・【エリザベス女王杯】過去10年のレース結果一覧