3歳馬の評価がポイント

2023年11月12日に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(GⅠ・芝2200m)。昨年の覇者ジェラルディーナら古馬勢に、3歳のブレイディヴェーグ、ハーパーなど才媛たちが集結した。3歳馬たちに人気が集まりそうだが、古馬との力関係は未知数。SPAIA予想陣6人はどの馬に本命印を打ったのか。

東大ホースメンクラブとAI予想エンジンKAIBAはハーパーを推す。京都開催の過去7回で前走GⅡ以上だった馬のうち、3歳は【2-1-2-17】複勝率22.7%、前走3着以内は【6-3-5-21】複勝率40.0%とそれぞれ好成績。これらの好データに加え、牝馬三冠戦線いずれも上位に入った実績を評価している。ハーパーには京都大学競馬研究会以外の全員が印をつけた。

京大競馬研は古馬のルージュエヴァイユを本命に据えた。近2走の重賞で連続2着と力を示していること、前走で展開が向かないなか末脚を発揮した内容を評価している。また「三冠牝馬が出た年のエリザベス女王杯では3歳馬が【2-2-1-15】で、馬券になったのは三冠牝馬か、それと差のない2着だった馬だけ」という事実に触れ、3歳馬には印を入れなかった。

データ予想の門田光生氏は「前走オールカマー」の好データとリピーターが多いことから昨年覇者ジェラルディーナを推奨。ほか、編集部競馬班はアートハウス、血統解説を連載する坂上明大氏はブレイディヴェーグを推している。本命の数は3歳、古馬で各3つずつときれいに割れた。毎年のことでもあるが、3歳と古馬の力関係をどう判断するかが運命を左右しそうだ。

2023年エリザベス女王杯のSPAIA予想まとめ,ⒸSPAIA


AI予想エンジンKAIBA
◎ハーパー
◯ディヴィーナ
▲サリエラ
△ブレイディヴェーグ
×ビッグリボン

京都大学競馬研究会
◎ルージュエヴァイユ
◯ジェラルディーナ
▲ライラック
△サリエラ
×マリアエレーナ
×アートハウス
×ディヴィーナ

東大ホースメンクラブ
◎ハーパー
◯ブレイディヴェーグ
▲ライラック
△ジェラルディーナ
×ディヴィーナ
×ルージュエヴァイユ

坂上明大(血統分析)
◎ブレイディヴェーグ
◯サリエラ
▲ジェラルディーナ
△マリアエレーナ
×ハーパー
×ディヴィーナ
×ライラック
☆ルージュエヴァイユ

門田光生(データ予想)
◎ジェラルディーナ
◯ハーパー
▲ルージュエヴァイユ
△シンリョクカ
×ライラック

編集部競馬班
◎アートハウス
◯ハーパー
▲ライラック
△ルージュエヴァイユ
☆サリエラ

《関連記事》
・【エリザベス女王杯】唯一のGⅠ馬ジェラルディーナは消し ハイブリッド式消去法
・【エリザベス女王杯】「三冠牝馬の出る世代強くない説」で古馬上位勢を優先 京大競馬研の本命はルージュエヴァイユ
・【エリザベス女王杯】過去10年のレース結果一覧