全兄はダノンスコーピオン

11月11日(土)、京都競馬場ではデイリー杯2歳S(GⅡ・芝1600m)が行われる。朝日杯FSをはじめとしたマイル重賞戦線へ活躍馬を輩出している注目の一戦で、AI予想エンジンKAIBAはどの馬を本命に推奨したのだろうか。

AI本命馬:ダノンキラウェア

●短評
全兄にNHKマイルCを勝利したダノンスコーピオンがいる良血で、夏の新潟開催開幕週に行われた芝1600mの新馬戦でデビュー。6頭立ての少頭数で前半800m通過が51.2の超スローペースを、道中3、4番手追走から他馬を大きく上回る、上がり33.2の末脚で1.3/4馬身差をつけて快勝した。今回は非凡な瞬発力を武器に重賞タイトルを狙う。

●データ
過去10年で「前走1600mを4角4番手以内かつ上がり1位」という条件に該当する馬は【2-2–1-2】勝率28.6%、連対率57.1%、複勝率71.4%と好成績。その他にも「前走1番人気で0.3〜0.5秒差勝利」【3-1-1-6】勝率27.3%、連対率36.4%、複勝率45.5%など複数の好データが後押しする。

AI予想エンジンKAIBA
◎ダノンキラウェア
◯カンティアーモ
▲フルレゾン
△クリーンエア
×ジャンタルマンタル

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想を行う。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
・【デイリー杯2歳S】データはカンティアーモ、ダノンキラウェアが断然 穴は複勝率5割「父ディープ系」から
・【デイリー杯2歳S】前走マイル1着が強データ 人気のダノンキラウェア、成長したナムラエイハブらに熱視線
・【デイリー杯2歳S】過去10年のレース結果一覧