名実ともに“世界一”を決める一戦に

11月26日、東京競馬場ではジャパンC(GⅠ)が行われる。今年はロンジンワールドベストレースホースランキングで首位に立つイクイノックスを筆頭に、トップクラスの面々が数多く出走予定だ。まさに“世界最強”を決める一戦に、期待は膨らむばかりである。

過去10年の当レースでは、1番人気馬が【5-1-2-2】(複勝率80.0%)と抜群の成績を収めている一方で、8番人気以下の馬は1頭しか馬券に絡んでいない。上位人気馬による堅い決着の傾向が強いだけに、人気馬を取捨選択して少点数で勝負したい。今回は過去10年(13〜22年)のデータを基に、「過信禁物の注目馬」を導いていく。


休み明け初戦、使い詰めは危険

ローテーション別成績,ⒸSPAIA


まず注目するのは、各馬の臨戦過程に関するデータである。当レースで最も好成績なのは休養明け2戦目の馬で、【9-6-8-47】勝率12.9%、連対率21.4%、複勝率32.9%となっている。明け3戦目は【1-3-2-41】勝率2.1%、連対率8.5%、複勝率12.8%とまずまずで、馬券に絡んだ馬の大半はこの2つの組に含まれている。

一方で休み明けの馬は成績が振るっておらず、【0-0-0-15】複勝率0.0%と1頭も好走馬が出ていない。同様に明け4戦目以降の馬も【0-1-0-34】勝率0.0%、連対率、複勝率2.9%と苦戦を強いられている。

数あるGⅠの中でも特にハイレベルなレースだけに、休み明けを1戦叩いて態勢を整えてから出走してくる馬が好成績だとデータから判断できる。反対に休み明けの馬、4戦以上の連戦となる馬は評価を下げるべきだろう。


サンデーサイレンスの血は要チェック

父・種牡馬系統別成績,ⒸSPAIA


次は血統に関するデータを取り上げる。父馬の系統を見ると、サンデーサイレンス系が【6-8-7-69】勝率6.7%、連対率15.6%、複勝率23.3%と良好であった。一方でサンデーサイレンス系以外の産駒は【4-2-3-68】勝率5.2%、連対率7.8%、複勝率11.7%と、勝ち馬こそ4頭出ているが好走率は大きく落ち込んでいる。

父・種牡馬系統別成績,ⒸSPAIA


また、父がサンデーサイレンス系以外だった馬の内、母父がサンデーサイレンス系だと【3-1-1-18】勝率13.0%、連対率17.4%、複勝率21.7%と上々の成績を収めていた。これに対して父、母父のどちらもサンデーサイレンス系以外だった場合【1-1-2-50】勝率1.9%、連対率3.7%、複勝率7.4%と苦戦している。

この組にはレイデオロ(19年1番人気11着)、サトノクラウン(17年3番人気10着)、エイシンフラッシュ(13年3番人気10着)といった面々も含まれており、いずれも上位人気に支持されながら二桁着順の惨敗を喫している。当レースにおいてサンデーサイレンス系の血を有するかは重要な要素となっており、特に父、母父にこの系統が含まれていない馬は軽視すべきだとデータから判断できる。


データで導く「過信禁物の注目馬」

ここまでに紹介したデータをまとめると、当レースにおける不安要素は以下の通りである。

・休み明け、もしくは明け4戦以上
・父、母父の両方がサンデーサイレンス系以外

これらを踏まえて、今回はスターズオンアースを「過信禁物の注目馬」として挙げる。

当馬は先述した2つの不安データに該当しており、特に今回が休養明け初戦である点が気がかりだ。当初は天皇賞(秋)への出走を予定していたが、右前脚の蹄の異常により回避している。調整段階で一頓挫あったことに加え、前走のヴィクトリアマイルから約6か月半とレース間隔が大きく空いていることから、ベストの状態でレースに臨めるのかは疑問が残る。

春に出走した大阪杯、ヴィクトリアマイルと比べても今回は一気の相手強化であり、古馬、牡馬の超一線級を相手に力が通用するかも未知数だ。C.ルメール騎手が継続騎乗できない点もプラスに働くとは考えられず、過去の実績から人気を集めるなら重い印は打ちにくい。

《ライタープロフィール》
藤川祐輔
98年生まれ、新進気鋭の若手ライター。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。以前は別媒体での執筆を行っていたが、より「予想」にフォーカスした記事を書きたいと考えSPAIA競馬への寄稿をスタート。いつの日か馬を買うのが夢。

《関連記事》
・【ジャパンC】イクイノックスは枠順次第で消し ハイブリッド式消去法
・【ジャパンC】打倒イクイノックスはどの馬か リバティアイランド、ドウデュース、タイトルホルダーを徹底比較
・【ジャパンC】過去10年のレース結果一覧