3勝クラスの古都Sを勝利しての参戦

12月2日(土)、中山競馬場ではステイヤーズS(GⅡ・芝3600m)が行われる。JRAの平地重賞としては最長距離で、スタミナ自慢が集結することで知られる一戦。AI予想エンジンKAIBAが注目した本命馬について見ていこう。

AI本命馬:ワープスピード

●短評
前走の3勝クラス・古都Sでは、中団を追走。直線では各馬が横に広がったなか、残り200mで先頭に立ってそのまま押し切り、ステイヤーとしての素質の高さを見せつけた。スタミナと自在性のある脚質を武器に重賞制覇を狙う。

●データ
過去10年で「前走3勝クラスで3番人気以内」からの参戦は【2-3-1-2】勝率25.0%、連対率62.5%、複勝率75.0%。2021年ディバインフォースが6番人気で勝利、翌年にはプリュムドールが5番人気で2着と、近2年連続で好走馬が出ている。

AI予想エンジンKAIBA
◎ワープスピード
◯キングズレイン
▲マイネルウィルトス
△シルブロン
×ダンディズム

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想を行う。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
・【ステイヤーズS】リピーターが強くアイアンバローズに勝機到来 立ちはだかるはテーオーロイヤルとマイネルウィルトス
・【ステイヤーズS】長距離戦にピッタリの血統 本命は7歳にして充実期迎えたダンディズム
・【ステイヤーズS】過去10年のレース結果一覧