回収率100%超えのデータに複数合致

12月3日(日)、中京競馬場では下半期のダート最強馬決定戦、チャンピオンズC(GⅠ・ダート1800m)が行われる。出走予定15頭の中からAI予想エンジンKAIBAが注目した本命馬について見ていこう。

AI本命馬:ハギノアレグリアス

●短評
前走のシリウスSではトップハンデタイの58.5kgを背負いながら、後にJBCレディスクラシックを勝利するアイコンテーラーを差し切っての完勝だった。中京コースは【2-1-0-0】と得意としており、鞍上の岩田望来騎手共々GⅠ初制覇を期待したい。

●データ
中京競馬場に舞台が移った2014年以降、過去9年で「前走差しかつ0.1〜0.2秒差勝利」しての参戦は【2-0-0-4】勝率33.3%、単回収率163%。また、「中4〜8週」というローテーションも【6-2-2-32】単回収率258%、複回収率117%でプラス材料と言える。

AI予想エンジンKAIBA
◎ハギノアレグリアス
◯グロリアムンディ
▲テーオーケインズ
△セラフィックコール
×レモンポップ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想を行う。これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
・【チャンピオンズC】レモンポップ、セラフィックコールは消し ハイブリッド式消去法
・【チャンピオンズC】「単回収率954%」衝撃的な好走条件に合致 データで導く穴馬候補3頭
・【チャンピオンズC】過去10年のレース結果一覧