トップは柳田悠岐、近藤健介と有原航平が続く

3年連続のV逸で藤本博史監督が退任し、小久保裕紀新体制となったソフトバンク。今季のV奪回が至上命題となる中、このオフは国内FA権を行使した西武の主砲・山川穂高の獲得に成功するなど、充実の戦力で新シーズンに挑む。

年俸総額では相変わらず12球団ダントツの数字を叩きだしている。2024年のソフトバンクの外国人選手を除く年俸ランキングトップ10は以下の通り(金額は推定)。

■2024年ソフトバンク年俸ランキングトップ10

1位 柳田悠岐 5億7000万円(5000万▼)
2位 近藤健介 5億5000万円(2億9500万△)
3位 有原航平 4億円(±0)
4位 今宮健太 3億円(±0)
5位 山川穂高 2億7000万円(±0)
6位 甲斐拓也 2億1000万円(±0)
7位 和田毅  2億円(3500万△)
8位 又吉克樹 1億5000万円(±0)
8位 武田翔太 1億5000万円(±0)
8位 東浜巨  1億5000万円(±0)
8位 中村晃  1億5000万円(±0)

※()内は前年比

トップは5億7000万円の柳田悠岐。2019年に球団と結んだ7年契約は4年目終了後に残り3年の契約内容を決めることとなっており、4年間の成績を受けて今季年俸は昨季から5000万円減となった。昨季は自身9年ぶりに全試合出場を果たし、163安打で自身2度目の最多安打のタイトルを獲得。プロ14年目の今季も衰えぬ打棒で打線をけん引する。

2位は5億5000万円の近藤健介。昨オフに日本ハムから海外FA権を行使して加入し、7年契約を締結。昨季は自身初の全試合出場を果たし、本塁打王と打点王の2冠に加え、3度目の最高出塁率のタイトルを獲得。ベストナイン、ゴールデングラブ賞にも輝いた。今季は昨年惜しくも届かなかった3冠王への期待が高まる。

3位は有原航平で4億円。3年ぶりにNPBに復帰した昨季は調整の遅れで開幕こそ二軍で迎えたが、6月に初先発して以降17試合に登板し、チームトップの10勝(5敗)、防御率2.31をマークした。現状維持で3年契約の2年目を迎える今季も、先発陣の柱として白星を積み重ねる。

42歳の和田毅が3500万増

4位は3億円で今宮健太。14年目の昨季は126試合に出場し、打率.255、9本塁打、48打点。史上4人目の通算350犠打も達成し、選手会長としてチームをけん引した。2年契約の2年目となる今季も強力打線のつなぎ役に徹し、V奪回に貢献する。

5位は西武からFAで加入した山川穂高の2億7000万円。昨年は3月のWBCで日本代表の一員として世界一に貢献するも、自身の不祥事により球団から無期限の公式試合出場停止処分を受け、17試合の出場にとどまった。それでも4年総額12億円の大型契約を勝ち取った和製大砲が、新天地で復活を期す。

6位は2億1000万円で現状維持の甲斐拓也。昨季は3月のWBC に出場し、シーズンも139試合に出場。打率.202、10本塁打、44打点をマークした。今季も正捕手としてチームをけん引し、4年ぶりの頂点を目指す。

7位は2億円の和田毅。昨季は開幕ローテ入りを果たし、21試合に登板。チーム2位の8勝(6敗)、防御率3.24をマークし、7年ぶりのシーズン100イニングも達成した。年俸も昨年から3500万円アップと不惑を超えても進化を続ける左腕が、今季も先発陣を支える。

1億円以上は12球団最多の13人

8位には1億5000万円で複数年契約を結んでいる4人が並ぶ。又吉克樹は昨季32試合に登板して2勝2敗10ホールド、防御率2.25の成績を残した。4年契約の3年目となる今季も中継ぎとしてフル回転し、ブルペンを支えたい。

武田翔太は12年目の昨季は29試合に登板し、1勝2敗2ホールド、防御率3.91の成績を残し、通算1000投球回も達成した。4年契約の3年目となる今季も託されたポジションで全力投球し、チームに貢献する。

東浜巨は昨季17試合に登板し、6勝7敗、防御率4.52の成績。シーズン終盤には二軍落ちするなど、不完全燃焼に終わった。現状維持で迎える今季は2年ぶりの2桁勝利、2017年以来の規定投球回到達を目指す。

中村晃は昨季136試合に出場し、打率.274、5本塁打、37打点をマーク。一塁手として4年連続4度目のゴールデングラブ賞も受賞し、攻守でチームを支えた。2年契約最終年の今季は同じ一塁手の山川が加入。熾烈なレギュラー争いを制し、ベテランの力を見せつけることができるか注目だ。

なお、昨季ノーヒットノーランを達成した石川柊太が1億2000万円、牧原大成も昨年の8000万円から2000万円アップで1億円に到達。12球団最多の13人が大台を突破している。

【関連記事】
・【プロ野球】このオフ大幅アップ、ダウンした選手は? 1億円以上年俸が増減した選手一覧
・2024年プロ野球年俸ランキング 大型契約選手が上位独占、FA移籍2年目迎える2人がジャンプアップ
・【西武】2024年の年俸ランキング 源田壮亮が3億円でトップ、投手陣が大幅アップで迫る