注目の女子3枠目は張本美和、伊藤美誠は選外

日本卓球協会は5日、第33回オリンピック競技大会(2024/パリ)の男女日本代表候補予定選手を発表した。

五輪の卓球競技は2008年の北京大会以降、シングルス代表の男女2名に団体戦に出場する男女1名を加えた計6名体制で行われている。シングルスの代表選手は期間内に定められた対象大会の成績によって得られる「選考ポイント」の上位2名が自動的に代表に内定。団体戦の代表候補はそのポイントや実績、調子などを踏まえたうえで「強化本部推薦」として男女1名ずつが最後の切符を手にする。

女子はポイント1位の早田ひなと2位の平野美宇がシングルス代表に内定。早田は前回の東京大会では代表メンバー入りが叶わず、サポートメンバーとしてチームに帯同。団体戦での銀メダル獲得を影から支えたが、本人としては喜びよりも悔しさの方が大きかったことだろう。今回はポイントランキング1位、日本女子のエースとして臨む大舞台。味わった悔しさをバネに、パリでの爆発に期待がかかる。

平野は前回の東京大会から2大会連続の五輪出場となるが、当時は団体代表としての参戦だった。今回は悲願のシングルス代表となるだけに、こちらも夢の舞台での躍動に期待したい。

一方、東京大会ではシングルスで銅、団体戦は銀、混合ダブルスで金と3つのメダルを獲得した伊藤美誠は落選。団体戦のメンバーには15歳の張本美和が入った。

▼ 五輪・卓球競技 歴代女子日本代表メンバー

・1988年 ソウル大会
【シングルス】星野美香、石田清美、内山京子
【ダブルス】星野美香・石田清美

・1992年 バルセロナ大会
【シングルス】星野美香、山下富美代、佐藤利香
【ダブルス】星野美香・山下 富美代、佐藤利香・松本雪乃

・1996年 アトランタ大会
【シングルス】小山ちれ、佐藤利香、東童多英子
【ダブルス】小山ちれ・東童多英子、佐藤利香・海津富美代

・2000年 シドニー
【シングルス】小山ちれ、小西杏、坂田倫子
【ダブルス】小西杏・藤沼亜衣、坂田倫子・内藤和子

・2004年 アテネ大会
【シングルス】梅村礼、藤沼亜衣、福原愛
【ダブルス】梅村礼・藤沼亜衣

・2008年 北京大会
【シングルス】福原愛、福岡春菜、平野早矢香
【団体戦】福原愛・平野早矢香・福岡春菜

・2012年 ロンドン大会
【シングルス】石川佳純、福原愛
【団体戦】福原愛・石川佳純・平野早矢香

・2016年 リオデジャネイロ大会
【シングルス】福原愛、石川佳純
【団体戦】石川佳純・福原愛・伊藤美誠

・2021年 東京大会
【シングルス】伊藤美誠、石川佳純
【団体戦】伊藤美誠・石川佳純・平野美宇
【混合】伊藤美誠・水谷隼

・2024年 パリ大会(内定)
【シングルス】早田ひな、平野美宇
【団体戦】早田ひな・平野美宇・張本美和
【混合】早田ひな・張本智和

男子は張本智和が2大会連続でシングルス代表入り

男子では張本智和がポイント1位で2大会連続のシングルス代表入りを果たした。前回の東京大会では4回戦敗退と悔しい想いを味わっているだけに、2度目の五輪で前進に期待したい。

ポイント2位には明治大の22歳・戸上隼輔が入った。今年1月の全日本選手権では張本との死闘に敗れて3連覇を逃したものの、互いを高めあってきたライバル同士で掴んだ代表入り。パリでもチーム内で火花を散らしながら、2人でより高みを目指していってもらいたい。

そして団体戦に出場する3枠目の代表には愛知工大の20歳・篠塚大登が選出された。選考ポイントでも張本と戸上に次ぐ3位、上述した全日本選手権でも2人に次ぐ3位と健闘。直近の勢いそのままに初の五輪へ挑む。

▼ 五輪・卓球競技 歴代男子日本代表メンバー

・1988年 ソウル大会
【シングルス】小野誠治、斎藤清、宮崎義仁
【ダブルス】斎藤清・渡辺武弘、小野誠治・宮崎義仁

・1992年 バルセロナ大会
【シングルス】渋谷浩、松下浩二、渡辺武弘
【ダブルス】渋谷浩・松下浩二、渡辺武弘・仲村錦治郎

・1996年 アトランタ大会
【シングルス】松下浩二、渋谷浩、田崎俊雄
【ダブルス】松下浩二・渋谷浩、田崎俊雄・遊澤亮

・2000年 シドニー
【シングルス】松下浩二、田崎俊雄、偉関晴光
【ダブルス】田崎俊雄・偉関晴光、松下浩二・渋谷浩

・2004年 アテネ大会
【シングルス】松下浩二、新井周、遊澤亮
【ダブルス】遊澤亮・新井周、田﨑俊雄・鬼頭明

・2008年 北京大会
【シングルス】韓陽、水谷隼、岸川聖也
【団体戦】韓陽・水谷隼・岸川聖也

・2012年 ロンドン大会
【シングルス】岸川聖也、水谷隼
【団体戦】水谷隼・岸川聖也・丹羽孝希

・2016年 リオデジャネイロ大会
【シングルス】水谷隼、丹羽孝希
【団体戦】水谷隼・丹羽孝希・吉村真晴

・2021年 東京大会
【シングルス】丹羽孝希、張本智和
【団体戦】張本智和・丹羽孝希・水谷隼
【混合】水谷隼・伊藤美誠

・2024年 パリ大会(内定)
【シングルス】張本智和、戸上隼輔
【団体戦】張本智和・戸上隼輔・篠塚大登
【混合】張本智和・早田ひな

【関連記事】
・卓球のオリンピック歴代日本人メダリストを紹介
・卓球パリ五輪代表、幼なじみ対決は平野美宇が悲願のシングルス切符
・アジア選手権3冠に世界選手権で銀2つ!「卓球黄金世代」早田ひなの時代が来た!