距離延長馬は不振

2月25日(日)に阪神競馬場で阪急杯(GⅢ・芝1400m)が行われる。今年は阪神C勝ち馬ウインマーベル、3連勝中のアサカラキング、素質馬ダノンティンパニー、セントウルS3着馬スマートクラージュなど注目馬が揃った。今回も過去のレース傾向などを踏まえて予想をしていく。

阪急杯の前走距離別成績,ⒸSPAIA


まず、過去10年の阪急杯における前走距離別成績について調べた。前走から距離を短縮した馬は【4-3-4-43】で勝率7.4%、連対率13.0%、複勝率20.4%とまずまずの成績を残している。今回であればカルロヴェローチェ、ダノンティンパニー、ボルザコフスキー、ルプリュフォールなどが該当する。次に、前走と同距離の馬は【4-5-3-34】で勝率8.7%、連対率19.6%、複勝率26.1%とこちらも好成績。ウインマーベル、アサカラキング、メイショウチタンが該当する。

対照的に、前走から距離を延長した馬は【2-2-3-55】で勝率3.2%、連対率6.5%、複勝率11.3%と振るわない。距離延長の馬は評価を下げたい。サトノレーヴ、スマートクラージュ、サンライズロナウドなどが該当する。

阪神芝1400mで好成績の種牡馬は?

阪神芝1400mの種牡馬別成績,ⒸSPAIA


次に、2014年以降の阪神芝1400mにおける種牡馬別成績について調べた。最初に注目したいのはロードカナロア産駒だ。成績は【30-14-21-180】で勝率12.2%、連対率18.0%、複勝率26.5%と好成績を残している。ルプリュフォール、エンペザー、サトノレーヴなどがロードカナロア産駒だ。

ほか成績がいいのはディープインパクト産駒【32-27-31-201】勝率11.0%、連対率20.3%、複勝率30.9%や、キズナ産駒【8-11-11-68】勝率8.2%、連対率19.4%、複勝率30.6%、ハービンジャー産駒【11-7-5-77】勝率11.0%、連対率18.0%、複勝率23.0%あたり。該当馬はそれぞれダノンティンパニーとスマートクラージュ(ディープインパクト産駒)、アサカラキングとボルザコフスキー(キズナ産駒)、サンライズロナウド(ハービンジャー産駒)となる。

逆に、成績が振るわないのがアイルハヴアナザー産駒で【1-0-0-17】複勝率5.6%。ウインマーベル自身の阪神C以外は好走例すらない。

好走条件に合致

◎ルプリュフォール
前走1600mからの距離短縮かつロードカナロア産駒と好走条件を満たす。京都金杯は久々のマイル戦でレースぶりを見るに少し距離が長かった印象。やはりベストは1400mである。脚質的にどうしても後ろからの競馬になるが、末脚は優秀で1400m戦は19戦して18度、上がり3位以内をマークしている。

今回は逃げ馬の中で最もテンが速いアサカラキングが外目の枠に入り、逆にテンは遅めだが先手を取りたいメイショウチタンが内枠に入ったことで先行争いは激しくなりそう。展開が向く可能性は高い。速い時計の勝負になると厳しいが、雨が降って馬場が渋るのは間違いなくプラスに働く。8歳馬となって衰えは見られるが、今回の相手関係なら地力上位だ。2枠4番という内枠かつ岩田康誠騎手ならイン突きが見込まれ、開幕週の馬場にハマる可能性が高い。

◯ボルザコフスキー
こちらも距離短縮とキズナ産駒で好走条件に合致。洛陽Sはレッドベルオーブが暴走したこともあって展開が向いたとはいえ、昇級初戦かつ好メンバー相手の4着で地力の高さを証明した。キズナ産駒の牡馬らしく持続力に優れたタイプであり、アサカラキングなどが作るペースは向く。1400m戦の時計勝負は少し厳しそうで馬場が渋る想定も歓迎だ。鞍上のムルザバエフ騎手も今週日本にいるジョッキーの中ではかなり上位のレベル。上手くエスコートしてくれることに期待したい。

▲エンペザー
距離短縮のロードカナロア産駒。洛陽Sは0.7秒差の8着に敗れたが、先行馬にかなり厳しい展開を4番手追走した結果であり、度外視できる。3走前のリゲルSはスローペースとはいえ勝ち馬マテンロウスカイとは0.4秒差、2着馬ドゥアイズと0.3秒差、3着馬エスコーラとは0.1秒差。強い相手に差のない競馬をした好内容だった。

新馬戦以来となる久々の芝1400m戦となるが、先行力はこのメンバーに入っても上位。時計のかかる馬場になってスピードがさほど要求されないなら対応可能だ。1600〜1800mで好走実績があることからスタミナは上位で、ハイペースを粘りこむチャンスは十分ある。外枠になったのはプラスではないが、人気もしないので一発を期待したい。

△ダノンティンパニー
素質は最上位。馬場が渋ってプラスになるタイプではないが、ロスなく競馬出来れば。

×アサカラキング
近走の内容は重賞級。展開は厳しくなりそうだが馬券内は狙える。

×サンライズロナウド
前走の感じであれば1400mがベストか。内でロスなく立ち回れれば。

消ウインマーベル
近走見る限り1400mがベストで、最内枠も魅力的ではある。ただ、キーンランドCの走りや陣営の感触を見る限り、道悪はかなりマイナスになりそうなので不安視。

買い目は◎-◯▲△×の馬連、ワイド、印を打った馬の3連複BOXで勝負。道悪を想定した予想だが、良馬場であれば人気馬が順当に走るだろう。

▽阪急杯予想印▽
◎ルプリュフォール
◯ボルザコフスキー
▲エンペザー
△ダノンティンパニー
×アサカラキング
×サンライズロナウド

ライタープロフィール
京都大学競馬研究会
今年で30周年を迎える、京都大学の競馬サークル。馬主や競馬評論家など多くの競馬関係者を輩出した実績を持つ。また書籍やGⅠ予想ブログ等も執筆。回収率100%超えの本格派が揃う。


《関連記事》
・【阪急杯】参考レース振り返り 好相性の阪神C組ウインマーベルや3連勝で勢いづくアサカラキングに注目
・【阪急杯】デインヒル内包馬は過去10年で連対率42.9% ワールドウインズの巻き返しに期待
・【阪急杯】過去10年のレース結果一覧