和歌山県内のラグビー部に所属する高校生に指導

日本ラグビー協会は、2月27日にラグビー日本代表エディー・ジョーンズヘッドコーチが和歌山県内の高校生を対象にラグビークリニックを実施することを発表した。

和歌山県ラグビー協会が日本代表HCに復帰したジョーンズ氏をコーチとして招き、県内のラグビー部に所属する高校生(30名程度)に指導を行う予定だ。

ジョーンズ氏は2012年に日本代表のHCに就任。2015年W杯では南アフリカからの勝利を含む3勝と躍進させた。2019年W杯日本大会ではイングランド代表を率いて準優勝。2023年1月に母国のオーストラリア代表監督に就任したが、W杯フランス大会では同国史上初の1次リーグ敗退となり辞任。今年の1月1日に日本代表HCに復帰した。

【関連記事】
・ラグビー日本代表、7月にジョージア&イタリアと対戦 6月イングランド戦は国立、10月NZ戦は日産スタジアムで開催
・日本製鉄釜石シーウェイブス、3.10に”東日本大震災復興祈念試合”開催 無料で観戦可能【ラグビー】
・【ラグビーリーグワン】横浜キヤノンイーグルスが元南ア代表CTBファンレンズバーグ獲得