母の父に注目

2024年3月31日に阪神競馬場で行われる第68回大阪杯。GⅠ昇格前からサンデーサイレンス系、特にディープインパクト系の強さが目につくレースだった。ただ、昨年は初めて1、2着ともに非サンデー系の馬でワンツーを決めた。

ディープインパクト産駒の直仔が少なくなっていることもあり、今後は非サンデー系が台頭してくることも十分考えられる。また、母の父に目を向けると中距離で活躍した北米血統が大活躍。該当馬が4年連続で1、2着を独占している。

2024年大阪杯に出走するプラダリアの血統表,ⒸSPAIA


ここではプラダリアを取り上げる。父がディープインパクト、母の父がクロフネ。大阪杯で活躍が目立つ2つの系統を持っている。母の父クロフネは、21年1着、22年2着のレイパパレや、17年の2着馬ステファノス(ともに父ディープインパクト)、20年の2着馬クロノジェネシスを出しており、まさに大阪杯仕様の配合といえる。数が減ってきたディープインパクト産駒として、GⅠ初制覇を目指す。

《関連記事》
・【大阪杯】タスティエーラ、ソールオリエンスは揃って消し ハイブリッド式消去法
・【大阪杯】「マイルで勝ち鞍がある牝馬」は複勝率62.5% データで導く穴馬候補3頭
・【大阪杯】過去10年のレース結果一覧