ZETTとミズノがシェアの大半を占める

連日、数々のドラマが繰り広げられている第101回全国高等学校野球選手権大会も2回戦へと進み、全49代表校が登場した。テレビ中継の中で露出される機会が多いキャッチャー防具はメーカー名こそ露出されないものの、毎年各メーカーの新製品をアピールする場にもなっている。

そこで今年も各校の選手たちはどのメーカーの防具を使用しているのか、初戦にスタメン出場した選手を目視で確認するとともに、今大会のトレンドを分析してみた。

イメージ画像ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


最も多くの選手が使用していたのはZETTの24校、ついでミズノの16校となっており、じつに49校中40校がこの2社の防具を使用していた。以下SSKが5校、アシックスが3校、ハタケヤマが1校という内訳となっている。

続いて2018年夏、2019年センバツ、そして今大会のシェア率の推移をみてみよう。

イメージ画像ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


2018年夏はZETTがシェア率41%、ミズノが21%という結果に終わっていた。しかし、フラットな面にうっすらと線が描かれているプロテクターが出てきた2019年の春のセンバツではミズノが大幅にシェア率を増加させ、50%にまで躍進した。デザイン性の高さが人気を博している要因と言えるだろう。

公式発表されていないプロテクターが存在

しかし、このまま黙っていなかったZETT。今大会は昨年の41%を上回る49%のシェア率を獲得。見事に覇権を奪還するとともに、夏は2年連続でのトップシェアとなった。

ZETTの製品の最大の特徴は、低反発素材を使用した断面が完全にフラットになっている点。衝撃吸収力とボールのストップ性に優れていることが人気を集めている秘訣だ。年々進化を続けており、今大会ではフィット感をさらに向上させるとともに、背パッドの一部をメッシュにすることで通気性が向上したプロテクターを提供している。

そんなZETTのプロテクターだが、この夏はもう1種類プロテクターが存在している。最初は、使い込まれてシワになっているだけかと思うほど、よく見ないとわからなかったが、沖縄尚学や高松商、鶴岡東など数校の選手がうっすらと縫い目が入った昔のデザインに近いプロテクターを使用していた。

ZETT=フラットというイメージがあっただけに、一瞬目を疑ってしまったが、低反発素材を使いつつ、デザイン的にもひと昔前のZETTの凹凸デザインを融合した製品なのかもしれない。中継を見る際にはぜひとも確認してみてほしい。