巨人・背番号10 阿部慎之助

今年も多くの引退発表があった2019年のプロ野球。引退者の中にはチームの主力として長年に渡り貢献を続けたレジェンド達も含まれた。ファンに愛され惜しまれながらもチームを去り行く戦士たちを紹介する。

2001年に球団の新人捕手では23年ぶりとなる開幕スタメン出場を果たすと、127試合で13本塁打を記録。以降は強打の捕手として9度のベストナインを受賞するなど、攻守で巨人を支えた。07年から14年までは主将を務め、チームを6度のリーグ優勝、2度の日本一に導き、精神的支柱としてもナインをけん引。12年は首位打者、打点王を含む3つの打撃タイトルを獲得し、セ・リーグMVPに輝いた。40歳で迎えた19年も持ち前の打棒は健在だったが、リーグ優勝決定後に今季限りでの現役引退を表明した。

歴代巨人_通算本塁打ランキング


19年間で放った本塁打は王貞治、長嶋茂雄に次ぐ巨人歴代3位の406本。新人から18年連続で2ケタ本塁打を達成するなど、長きに渡り打線の中軸として活躍した。来季からは巨人の二軍監督に就任。自身の経験や技術を伝え、次世代を担う選手の育成に励む。

通算成績2282試合 2132安打 406本塁打

■プロフィール
19年目 40歳 捕手 2000年ドラフト1位 安田学園高−中大−巨人

■通算成績
2282試合 2132安打 406本塁打 1285打点 885四球 打率.284

■主な獲得タイトル
最優秀選手(12年)、首位打者(12年)、打点王(12年)、最高出塁率(12年)、ベストナイン(02・07〜14年)、ゴールデングラブ賞(02・08・13・14年)

※文章、表中の数字はすべて2019年レギュラーシーズン終了時点


企画・監修:データスタジアム