巨人・背番号20 S.マシソン

多くの引退発表があった2019年のプロ野球。引退者の中にはチームの主力として長年に渡り貢献を続けたレジェンド達も含まれた。ファンに愛され惜しまれながらもチームを去り行く戦士たちを紹介する。

スコット・マシソンは、来日2年目の2013年に63試合の登板で防御率1.03と抜群の成績を残し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。山口鉄也、西村健太朗とともに盤石の勝ちパターンを確立した。

以降も4年連続で50試合登板をクリア。勝利の方程式の一角としてブルペン陣を支えた。しかし、18年の8月に左膝の手術を受け、渡米中には感染症に罹患(りかん)。翌年に復帰を果たすも思うようなピッチングができず、プロとしてのキャリアを終えた。

歴代NPB外国人投手:通算ホールドランキングⒸSPAIA


球団の外国人投手では歴代最長となる8年間プレーし、通算174ホールドを挙げたマシソン。レギュラーシーズンの本拠地最終戦となった9月27日の試合では、ともに昨季限りで現役を引退した阿部慎之助とバッテリーを組み、多くの野球ファンに感動をもたらした。今後はカナダ代表として、東京五輪出場を目指す。

通算成績421試合431回492奪三振

■プロフィール
8年目 35歳 投手 アルダーグローブコミュニティ高−フィリーズ−巨人

■通算成績
421試合 27勝 29敗 174ホールド 54セーブ 431回 492奪三振 防御率2.46

■主な獲得タイトル
最優秀中継ぎ投手(13・16年)

※文章、表中の数字はすべて2019年レギュラーシーズン終了時点


企画・監修:データスタジアム