amazarashi 秋田ひろむ 弾き語りライブ『理論武装解除』
2017.12.6 舞浜アンフィシアター

ニューアルバム『地方都市のメメント・モリ』(12月13日発売)のリリースを控えたamazarashiの秋田ひろむが12月6日(水)、7日(木)、千葉・舞浜アンフィシアターで初の弾き語りワンマンライブ『amazarashi 秋田ひろむ 弾き語りライブ『理論武装解除』』を開催した。2010年のデビュー以来、心のなかの葛藤、苦悩と向き合いながら、わずかな希望の光を描く楽曲を発表してきたamazarashi。アコースティックギターと歌というスタイルで行われた今回のライブで秋田は、自らの音楽の本質を生々しく表現してみせた。

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

半円形のステージが暗めのライトで照らされると、そこにはアコースティックギターを手にした秋田の姿が。椅子に座り、アコギを美しくかき鳴らしながら披露された最初の楽曲は「夏を待っていました」。様々な事情を抱えた少年期の友達との思い出を綴ったこの曲によって、観客は一気にamazarashiの音楽世界に誘われる。さらに「君が君を信じる根拠を 誇示する君のまま やり遂げなくちゃ駄目だ」という歌詞が響き渡った「ジュブナイル」へ。曲に込められた物語とメッセージがまっすぐに伝わってきて、会場はいきなり大きな感動に包まれる。
「ナモナキヒト」のエンディングでは、ステージを取り囲む半透明のスクリーンに“アヤコ”“ヨウイチ”など無数の名前が映し出される。さらに「ラブソング」ではステージの後ろに7本のトーチから炎が立ち上がり、初期の楽曲「隅田川」では水面をイメージさせる照明と打ち上げ花火のCGも。楽曲の世界観とリンクした演出も素晴らしい。

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

「今年もいろいろありました。『メッセージボトル』のツアーとか、タイアップもいろいろあって。良いことも大変なことも多くて、思い出深い1年になった気がします。いろんな出会いがあって、いろんな感情が生まれて、それが新しい曲になるので、それはそれで良かったなと思います」というMCを挟み、他者との関わりのなかに生まれる光と陰を歌った「命にふさわしい」へ。さらにニューアルバム「地方都市のメメント・モリ」の収録曲「空洞空洞」では、街の風景を切り取ったモノクロの写真とともに、まるで空洞のような社会で生きる我々の姿を映し出す。秋田が紡ぎ出す切実な真っ直ぐに伝わり、強く心を動かされる。

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

配信シングル「フィロソフィー」からはamazarashiのメンバーである豊川真奈美(Key)が参加。故郷からの旅立ちをテーマにした未発表曲「夕立旅立ち」を披露すると、ひと際大きな拍手が巻き起こった。もっとも強いイパクトを残したのは、「せっかく豊川が来てくれたので、懐かしい曲をやろうと思います。amazarashiの始まりの曲だと思います」という言葉に導かれた「光、再考」。希望という名の光をモチーフにした物語が描かれるこの曲は、まさにamazarashiの本質そのもの。天井から幾本かの白い光が降り注ぐなかで響き渡る「今君は日陰の中にいるだけ ただそれだけ」というフレーズは、まるで救いの言葉のように聴こえてきた。

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

豊川がステージを去り、再び一人になった秋田は「あと2曲だけ歌わせてください」と言い、まずは「僕が死のうと思ったのは」を披露。中島美嘉へ提供した事で知られているこの曲は、“死にたい理由”が“死ねない理由”へと移り変わる瞬間を描いたナンバー。ひとつひとつのフレーズを手渡すように歌う秋田のボーカルも素晴らしい。そして最後はニューアルバムの収録曲「悲しみ一つも残さないで」。「できればこっそり出てってくれ」というフレーズ、そして、舞台のための資材が置かれたバックステージをあえて見せる演出は“このライブが終わると、また現実が始まるよ”という秋田のエールかもしれないと感じた。

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

初めての弾き語りライブによって、切実で奥深い音楽世界をダイレクトに描き出した秋田ひろむ。一緒に歌ったり踊ったりすることもなく、楽曲を介し、純粋かつ濃密なコミュニケーションを成立させる秋田のステージングは、amazarashiの真摯な活動スタンスをしっかりと示していた。ニューアルバム「地方都市のメメント・モリ」への期待がさらに膨らむ、圧巻のライブだったと思う。

文=森 朋之

amazarashi・秋田ひろむ

amazarashi・秋田ひろむ

 

◆セットリスト

amazarashi 秋田ひろむ 弾き語りライブ『理論武装解除』
2017.12.6 舞浜アンフィシアター
1.    夏を待っていました(from 爆弾の作り方)
2.    ジョブナイル(from ねえママ あなたの言うとおり)
3.    ナモナキヒト(from ラブソング)
4.    ラブソング(from ラブソング)
5.    隅田川(from 爆弾の作り方)
6.    ヒーロー(from メッセージボトル)
7.    命にふさわしい(from 命にふさわしい)
8.    空洞空洞(from 地方都市のメメント・モリ)
9.    ライフイズビューティフル(from 世界収束二一一六)
10. フィロソフィー(from 地方都市のメメント・モリ)
11. 夕立旅立ち
12. 空に歌えば(from 空に歌えば)
13. 光、再考(from 0.6)
14. 僕が死のうと思ったのは(from 虚無病)
15. 悲しみ一つも残さないで(from 地方都市のメメント・モリ)
 
2017.12.7 舞浜アンフィシアター
1. 夏を待っていました(from 爆弾の作り方)
2. ジョブナイル(from ねえママ あなたの言うとおり)
3. ナモナキヒト(from ラブソング)
4.    ラブソング(from ラブソング)
5.    隅田川(from 爆弾の作り方)
6.    ヒーロー(from メッセージボトル)
7.    たられば(from 空に歌えば)
8.    空洞空洞(from 地方都市のメメント・モリ)
9.    ライフイズビューティフル(from 世界収束二一一六)
10. フィロソフィー(from 地方都市のメメント・モリ)
11. 夕立旅立ち
12. 空に歌えば(from 空に歌えば)
13. 光、再考(from 0.6)
14. 僕が死のうと思ったのは(from 虚無病)
15. 悲しみ一つも残さないで(from 地方都市のメメント・モリ)

 

リリース情報
amazarashi  4th New Album「地方都市のメメント・モリ」
2017.12.13 Release.
特設サイト
http://www.amazarashi.com/2017album
◆初回生産限定盤A [CD+DVD+365日詩集ダイアリー]
※特殊仕様スペシャルパッケージ
¥4,500(tax out) / AICL3462〜3464
 
Disc1 - CD
1.ワードプロセッサー
2.空洞空洞
3.フィロソフィー
4.水槽
5.空に歌えば
6.ハルキオンザロード
7.悲しみ一つも残さないで
8.バケモノ
9.リタ
10.たられば
11.命にふさわしい
12.ぼくら対せかい
 
Disc 2 - DVD
amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」at Nakano Sunplaza 10.19
ポエジー
ヒーロー
ヨクト
隅田川
ワンルーム叙事詩
奇跡
メーデーメーデー
ピアノ泥棒
つじつま合わせに生まれた僕等
少年少女
後期衝動
フィロソフィー
空に歌えば
ひろ
しらふ
美しき思い出
MC
たられば
命にふさわしい
スターライト
◆初回生産限定盤B [2CD+DVD]
¥3,900(tax out) / AICL3465〜3467
Disc 1-CD
1.ワードプロセッサー
2.空洞空洞
3.フィロソフィー
4.水槽
5.空に歌えば
6.ハルキオンザロード
7.悲しみ一つも残さないで
8.バケモノ
9.リタ
10.たられば
11.命にふさわしい
12.ぼくら対せかい
Disc 2-CD
-弾き語り-
1.夏を待っていました
2.ヒーロー
3.穴を掘っている
4.ジュブナイル
5.隅田川
Disc 3-DVD
-Music Video-
命にふさわしい
ヒーロー
空に歌えば
Making of amazarashi「フィロソフィー」
◆通常盤 [CD]
¥3,000(tax out)  / AICL3468
DISC 1 - CD
1.ワードプロセッサー
2.空洞空洞
3.フィロソフィー
4.水槽
5.空に歌えば
6.ハルキオンザロード
7.悲しみ一つも残さないで
8.バケモノ
9.リタ
10.たられば
11.命にふさわしい
12.ぼくら対せかい

 

ライブ情報
amazarashi Live Tour 2018 [地方都市のメメント・モリ]
前売¥5,500(ドリンク代別)/ 当日¥6,500(ドリンク代別)
※4/30 福岡市民会館、5/6 JMSアステールプラザ、5/19 新潟県民会館、5/20 本多の森ホールはドリンク代なし
2018/4/20(金)東京・Zepp DiverCity Tokyo
問い合わせ:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999
2018/4/28(土)大阪・Zepp Osaka Bayside
問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888
2018/4/30(月・祝)福岡・福岡市民会館
問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
2018/5/4(金・祝)愛知・Zepp Nagoya
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2018/5/6(日)広島・JMSアステールプラザ大ホール
問い合わせ:夢番地 広島 082-249-3571
2018/5/12(土)宮城・SENDAI GIGS
問い合わせ:キョードー東北 022-217-7788
2018/5/19(土)新潟・新潟県民会館
問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000
2018/5/20(日)石川・本多の森ホール
問い合わせ:FOB金沢 076-232-2424
2018/5/26(土)東京・豊洲PIT
問い合わせ:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999
2018/6/3(日)北海道・Zepp Sapporo
問い合わせ:ウエス 011-614-9999
チケット先行予約 オフィシャルモバイルサイト「APOLOGIES」
http://m.apologies.jp/
10/26(木) 19:00〜11/5(日) (会員のみ)
11/6(月)〜11/12(日)(会員同行者含む)
 
一般チケット発売日
2018/1/13(土)
※「公演当日は、コンサート収録を行う可能性があります。お客様がカメラに写り込む事があるかもしれませんので、予めご了承ください。」