劇団四季創立メンバーの一人で元・同劇団代表だった演出家の浅利慶太さんが、2018年7月13日(金)17時33分、悪性リンパ腫により、都内病院で死去したことが、18日、劇団四季公式サイトで発表された。85歳だった。葬儀は親族のみで執り行い、後日、お別れの会が実施される予定。

浅利さんは、1933年3月16日生まれ。劇作家である小山内薫と共に築地小劇場の設立に参画した浅利鶴雄を父に、二代目市川左團次を大叔父に持つ環境の中で育った。慶應義塾大学文学部仏文学科在学中、劇作家・加藤道夫との出会いをきっかけに、1953年、日下武史(故人)ら慶應義塾大学の学生や米東京大学の学生を中心として10名の仲間で劇団四季を創立。以来、劇団代表/演出家として、ストレートプレイからミュージカルまで、ほぼ全作品のプロデュースや演出を手掛けた。

『ウェストサイド物語』、『コーラスライン』、『ライオンキング』等の海外作品翻訳上演、『夢から醒めた夢』、『ユタと不思議な仲間たち』、「昭和の歴史三部作(『ミュージカル李香蘭』/『ミュージカル異国の丘』/『ミュージカル南十字星』)」等のオリジナルミュージカルを手掛け、日本にミュージカル文化を定着させました。また、1983年初演の『キャッツ』では、日本初となるロングラン公演を成功させるなど、日本演劇の興行形態に革新をもたらした。劇団外の活動として、ミラノ・スカラ座など海外の劇場で、『蝶々夫人』、『トゥーランドット』等、オペラの演出も手掛けたほか、1998年には長野冬季オリンピック開閉会式のプロデュース・演出も担当した。2014年に劇団代表職を退いてからは、活動の拠点を、現在の浅利演出事務所へと移し、「浅利慶太プロデュース公演」として、計12公演の演出を手掛けた。生前最後の公演は『ミュージカル李香蘭』(2018年4月10日〜22日)だった。なお、浅利慶太事務所は、2018年9月7日(金)〜12日(水)にジャン・ラシーヌの『アンドロマック』を上演する予定だ。

紀伊国屋演劇賞、菊池寛賞、読売演劇大賞、ドイツ連邦共和国一等功労勲章、イタリア・アッビアーティ賞、中国政府友誼賞他、国内外での受賞多数。著作に「演劇の回復のために」「時の光のなかで 劇団四季主宰者の戦後史」等多数。

日本演劇界の巨星のご遠行に際し、謹んでお悔やみ申し上げます。


■劇団四季サイト:https://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/030897.html
■浅利演出事務所サイト:http://www.asarioffice.com/