2016年にイギリス・ロンドンで上演された、英国気鋭の劇作家マイク・バートレットによる社会派戯曲『WILD』日本初演を、本作が舞台初主演、初ストレートプレイに挑戦となるHey! Say! JUMPの中島裕翔主演により上演が決定した。近年は、ドラマや映画など映像作品に多く出演し、存在感と演技力で若手実力派俳優として注目を集めている中島の、2012年から13年にかけて上演された「JOHNNYS' World」以来約6年ぶりとなる舞台出演となる。

物語は、2013年にアメリカ合衆国政府の個人情報収集の手口を内部告発しロシアに亡命した、アメリカ国家安全保障局(NSA)の元局員エドワード・スノーデンの事件に着想を得て書かれた。エドワード・スノーデンの事件が象徴する現代世界がさらされている倫理的・社会的脅威、テクノロジーがプライバシーの概念を侵食する社会に対して、バートレットは軽妙さの中で鋭い警鐘を鳴らしている。

ロンドンでの上演時には、
“挑戦的で、ほかに類を見ないほど演劇的である” THE GUARDIANS
”今年一番のセンセーショナルなどんでん返し!“ THE TELEGRAPH
“息を飲む・・・かなり文字通り”型破り“な作品” THE FINANCIAL TIMES
“まるでマイク・バートレットの仕掛けたワイルドなジェットコースターに乗っているようだ!” THE TIMES
など、各紙で劇評が掲載され、高い評価を得た本作。

出演者はたった3人。舞台はとあるホテルの一室。アメリカ人男性アンドリューのもとを訪ねてくる女と男との巧みな会話劇の中で展開するミステリースリラー何が真実なのか、何を信じる事が出来るのか、本公演を通してその目で確かめてみよう。

演出は、アメリカ・アクターズスタジオ大学院の演出学科を日本人で初めて卒業したという異色の経歴を持ち、2018年より新国立劇場の新芸術監督に最年少で就任した小川絵梨子が務める。2010年に日本で本格的な活動をスタートし、“リアルで緻密”と評される丁寧かつ大胆な演出で、2013年には紀伊國屋演劇賞・個人賞、千田是也賞、読売演劇大賞優秀演出家賞と数多くの賞を受賞し、今日本の演劇界がもっとも信頼をおく翻訳家・演出家として翻訳劇を中心に活躍。本作で東京グローブ座に初登場となる小川が、スリリングかつユーモアのセンスが光る作品として創り上げる。

そして共演は、舞台・ドラマ・映画でコメディーからシリアスまで幅広い作品に出演し、存在感を発揮している太田緑ロランスと、舞台を中心に活躍し、演出を手掛ける小川絵梨子作品にも多数出演し信頼も厚い斉藤直樹。実力派が顔を揃え、あらゆる情報が交錯する現代社会に鋭く共鳴する濃密な会話劇を繰り広げる。

本公演は2019年4月28日(日)〜5月25日(土)東京・東京グローブ座、6月2日(日)〜5日(水)大阪・シアター・ドラマシティにて上演されるのでチェックしておこう。

【あらすじ】
主人公アンドリューは、モスクワの「特徴のないごくありふれた」ホテルの一室に身を潜めている。すると、アンドリューを助けに来たと言って、見知らぬ男と女が順番に訪ねてくる。1人目の訪問者の「女」は自らを「ミス・プリズム」と名乗り、アンドリューのガールフレンドのこと、両親のこと、すべての情報を握っている。そして2人目に訪ねて来た「男」は、その「女」のことは一切知らないという。自分こそがアンドリューを助けに来たのだ、と。しかし次第に、アンドリューはこの世界のすべてが不確かであることに気がついていく。確かだと思っていたこと、人、物、すべてが崩れていく。個人のアイデンティティから、「特徴のない」ホテルの一室まで……。

 
中島裕翔 コメント

舞台の経験はありますが、ストレートプレイはほぼ初めてです。普段、コンサートで向き合っているお客さんとの距離よりもずっと近くて、変な言い方をすれば誤魔化しようがなく自分を見透かされそうで、今から緊張します。ただ、これは自分にとって大変チャレンジングな経験になるので、しっかりと自分の役と向き合って、見て頂く皆さんに現代社会への警鐘を鳴らせたらなと思っています。
今回演出をして下さる小川さんと先日、お会いしました。物腰柔らかく、凛とした方という印象を受けました。その際に、「じっくりゆっくりと作っていきましょう」とお言葉をかけて頂き、ふっと、安心できる空気感を作って下さいました。どんな演出や仕掛けが待っているのか、僕もワクワクします。