2019年3月10日(日)よりTBS赤坂ACTシアターにて開幕したミュージカル、愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』が、好評のうち、24日(日)に東京公演の千穐楽を迎えた。そして3月30〜31日にオリックス劇場にて、大阪公演を上演する。東京公演の千穐楽のカーテンコールに、本作の演出・たいらのまさピコこと河原雅彦に手を引かれて、本作には欠かせない数々の楽曲の生みの親であるレキシこと池田貴史が登壇した。

左から 山本耕史、池田貴史、八嶋智人、河原雅彦、松岡茉優

左から 山本耕史、池田貴史、八嶋智人、河原雅彦、松岡茉優

左から 池田貴史、八嶋智人、山本耕史、松岡茉優

左から 池田貴史、八嶋智人、山本耕史、松岡茉優

遡ろう 歌おう 日本の歴史♪ レキシの名曲で綴る♡愛のミュージカル♡

ファンキーなサウンドと日本史を歌う歌詞、ユーモアあふれるステージングやMVで話題を呼ぶ、ミュージシャン・池田貴史のソロプロジェクトであるレキシ。本作は、レキシの「きらきら武士」や「狩りから稲作へ」など、一度聴いたら忘れられないユニークな楽曲たちをもとに、ストレートプレイから音楽劇まで、様々な作品を生み出してきた演劇界の奇才・河原雅彦が仕立て上げた新作ミュージカル。振付を担当するのは“劇場型ダンスエンターテインメント”を提供し続ける梅棒。相性抜群なクリエイター陣が巻き起こす化学反応は本公演の注目要素のひとつだ。

夢の国「レキシーランド」に迷い込み、歴史の大河を旅して、辿り着く“愛のはじまり”とは……。感動の笑撃作がいよいよ大阪にて上演される。

レキシを歌い踊る!個性豊かな実力派キャスト!

主演を務めるのは、高い歌唱力でミュージカルの出演作も多い山本耕史。ひきこもり歴25年のニート・織田こきん役を演じ、今までにない新たな山本の顔を魅せる。劇中、山本は複数役を演じる中、土方歳三を演じるシーンもあり、注目を浴びた。


共演に、歴女で人気ブロガーのカオリコ役や、紫式部役など、今作で最多9役を演じる松岡茉優。源ヨシツネ役や、森蘭丸役を演じる佐藤流司は、軽やかな殺陣やアクションを披露して観客を魅了した。そして、レキシのミュージックビデオにも出演した八嶋智人が、劇団シキブ役、また、夢の国「レキシーランド」の支配人、ウォルト・レキシー役をはじめ8役を演じ、巧みな言い回しで軽妙に観客を引き込んでいきます。華と実力を備えた個性豊かなキャスト陣が、レキシの名曲のオンパレードと共に、縦横無尽に舞台を駆け巡る。


■演出:たいらのまさピコ(河原雅彦) コメント

この公演には、レキシファンの方も、この舞台で初めてレキシを知ったという方も、沢山いらっしゃったと思います。色々な方がみんなで楽しんで、稲穂を振っていただいているのを、後方の座席で眺めることができて、本当に幸せでした! そして池田さん、生まれてきてくれてありがとうございました!!

■音楽:レキシ コメント

どうも、ケヴィン・コスナーです(笑)。このままアンコールやっちゃう?(笑)本当に素晴らしい舞台でした。ただただ、感謝です。生きていてよかった!!

■山本耕史 コメント

東京千穐楽までやりきることができました!劇中、ギターも演奏させていただきました!

■八嶋智人 コメント

僕の扮装のアフロは、角度まで池田さんに似せているんですよ。


 
《 劇中使用楽曲(50音順)》
「アケチノキモチ」 「きらきら武士」 「そうだレキシーランド行こう」
「甘えん坊将軍 「古今 to 新古今」 「Takeda'」
「一休さんに相談だ」 「古墳へGO!」 「寺子屋FUNK」
「刀狩りは突然に」 「墾田永年私財法」 「ドゥ・ザ・キャッスル」
「KMTR645」 「最後の将軍」 「姫君Shake!」
 「狩りから稲作へ」「SAKOKU」 「僕の印籠知りませんか?」
「キャッチミー岡っ引きさん」 「参勤交代」 「LOVE弁慶」
「旧石器ベイベ 「SHIKIBU」
「牛シャウト!」 「SEGODON」