玉置浩二×西本智実による『世界遺産コンサートin 薬師寺』の追加公演が、4月29日(祝・月)に薬師寺大講堂前特設会場で開催される。

前日の4月28日公演は即日完売となったこの公演では、7年間に渡りヴァチカン国際音楽祭へ招致されるなど世界で活躍する西本智実指揮によるイルミナートフィルハーモニーオーケストラ&合唱団(総勢約300名)と玉置浩二による夢の共演が実現する。

玉置浩二

玉置浩二

玉置浩二は、3月22日のBunkamuraオーチャードホールを皮切りに全国8公演のオーケストラ公演『THE GOLD RENAISSANCE -CURTAIN CALL-』をスタート。世界的指揮者、湯浅卓雄が導く東京フィルハーモニー交響楽団の演奏に玉置の歌声が重なり、「行かないで」「JUNK LAND」他、全16作品を披露し、会場を埋め尽くした満員の観客を感動の渦に巻き込んだ。

5年目となる玉置のオーケストラ公演は、玉置浩二の作品群を「玉置の卓越した歌唱」、「名匠が導く管弦楽の旋律」、「芸術性溢れる衣装&照明、精緻な音響技術」によって表現する総合芸術として披露している。


そして、玉置浩二×西本智実による総合芸術が奈良・薬師寺1300年余の歴史と融合する『世界遺産コンサートin 薬師寺』。平成の最終章を飾るこの特別公演のチケット先行受付が、3月28日(木)15:00よりスタートする。