忌野清志郎の未発表音源が発見されたことが明らかになった。

新たに発見されたのは、2001年に間 寛平に提供した「ジャングル・ジム」を、清志郎(ラフィータフィー)本人が歌ったもの。清志郎のレコーディングを目の前で聴いているようなリアルなサウンドを体感できると共に、オンマイク気味の清志郎のボーカルとドライブ感のあるサウンドだという。

この、今回発見された「ジャングル・ジム」の音源は、5月4日(土)に日比谷野外大音楽堂で開催される『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂Love&Peace 2019年5月4日 〜FINAL〜』の会場でのみ販売されるライブパンフレットに組み込まれるCDRに収録されることが決定。

同パンフレットは、ライブに来られないファンのために、本日4月16日からビクターオンラインストアにて限定先行予約がスタートする。

『忌野清志郎ロックン・ロール・ショー』は、今年2019年でファイナルを迎える。

パンフレット

パンフレット

歌詞ノート

歌詞ノート