展覧会『北斎のなりわい大図鑑』が、2019年4月23日(火)〜6月9日(日)まで、東京・墨田区のすみだ北斎美術館にて開催される(前期:4月23日(火)〜5月19日(日)、後期:5月21日(火)〜6月9日(日))。新発見の北斎の肉筆画「蛤売り図(はまぐりうりず)」をはじめとした、北斎一門による江戸時代の生業が描き出された作品を展示。

生業とは一般的に、生活をするための仕事を意味する。また、生活にむすびついている仕事は、その社会のありかたを映す。江戸時代には、現在ではなじみのなくなってしまった生業がある一方、現代の商売のルーツになる仕事も存在したのだ。

本展では、北斎と一門による仕事に注目して制作された作品や、景色の中に溶け込むように描かれた働く人々の一場面を捉えた作品など、当時の人々の会話が聞こえてきそうな活気ある作品約100点を展示(一部展示替えあり)。働く人々に向けられた北斎のまなざしを通して、江戸の生業を紹介する。

葛飾北斎 「百人一首うはかゑとき 源宗于朝臣」 すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

葛飾北斎 「百人一首うはかゑとき 源宗于朝臣」 すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 尾州不二見原」すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

葛飾北斎 「冨嶽三十六景 尾州不二見原」すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

葛飾北斎 「百人一首宇波か縁説 藤原道信朝臣」 すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

葛飾北斎 「百人一首宇波か縁説 藤原道信朝臣」 すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

葛飾北斎 「覗機関」 すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

葛飾北斎 「覗機関」 すみだ北斎美術館蔵 ※前期展示

※本企画展は3階のみ