特別展『〜国芳、広重、国貞、豊国、英泉…江戸・明治の浮世絵師たちが描く〜ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展』が、2019年7月27日(土)〜9月8日(日)まで、大阪歴史博物館 6階特別展示室にて開催される。

歌川国芳「たとゑ尽の内」 個人蔵

歌川国芳「たとゑ尽の内」 個人蔵

日本では昨今、猫の人気が高まっている。ネズミ除けとして大陸から持ち込まれたとされる猫は、江戸時代の頃にはすでに多くの人々の懐に潜り込み、広く親しまれるようになっていた。浮世絵の題材にもしばしば取り上げられ、当時一大ジャンルであった美人画の片隅に登場してからは、擬人化されて役者絵やおもちゃ絵の登場人物となって愛されたり、おどろおどろしい化け猫として人々の背筋を震えさせたりと多彩な活躍を見せる。

月岡芳年「古今比売鑑 薄雲」 個人蔵

月岡芳年「古今比売鑑 薄雲」 個人蔵

本展では、無類の猫好きで知られる歌川国芳(うたがわくによし)をはじめ広重(ひろしげ)、国貞(くにさだ)、豊国(とよくに)、英泉(えいせん)ら浮世絵師の作風の個性を楽しむとともに、人々が猫とどう関わってきたのか、また人が猫にどのようなイメージをもっていたのかを読み解く。また、大阪会場特設コーナーとして、飼い猫の取り扱いに関する古文書や江戸時代の土人形(つちにんぎょう)といった資料なども紹介する。

歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」 個人蔵

歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」 個人蔵