映画『火口のふたり』が8月23日(金)に公開されることが決定した。
『火口のふたり』は、直木賞作家・白石一文氏の同名小説を映画化したもの。脚本家・荒井晴彦氏の監督最新作だ。離婚や会社の倒産で全てを失った男とかつての恋人が、あるきっかけで身体を重ね、抑えきれない衝動の深みにはまっていく姿を描く。主演は、『きみの鳥はうたえる』などの柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』の瀧内公美。映画は、18歳未満の観覧を禁止する“R18+”のレーティングで公開される。
公開日決定とともに、本作の『火口のふたり』前売り券(ムビチケ)が5月10日(金)から販売されることが決定。特典となる、オリジナルポストカードセット(3点)のビジュアルも公開されている。

映画『火口のふたり』ムビチケデザイン

映画『火口のふたり』ムビチケデザイン

 
映画『火口のふたり』前売り特典ポストカード1

映画『火口のふたり』前売り特典ポストカード1

映画『火口のふたり』前売り特典ポストカード2

映画『火口のふたり』前売り特典ポストカード2

オリジナルポストカードには、写真家・野村佐紀子による撮り下ろしカットを採用。使用された写真は、柄本と瀧内のようすを、異なるシチュエーションでとらえたものだ。柄本佑は撮影をふり返り、「僕と瀧内さんは作品で初共演することになり、ほぼ初対面に近い状況でハードな写真を撮らなければいけなかったんですが、僕たちが撮影しやすくなるような空気を作ることに、野村さんが大変気を遣ってくださり、とても良い撮影になりました。野村さんが撮る写真は、男性が撮る男女の写真と比べて、生々しさが少なくとてもロマンチックな感じがします。シンプルながらも、何か物語を感じさせるような素敵な写真を撮っていただきました」とコメントしている。
『火口のふたり』は8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。