6月17日(月)、18日(火)に開催が予定されていた『松山千春コンサート・ツアー2019』名古屋国際会議場センチュリーホール公演が、松山千春の急性喉頭炎の悪化により公演中止となることが発表された。

松山千春は6月初旬から風邪の症状があり、医師による診察の結果「急性喉頭炎」との診断を受け、6月6日(木)のいわき芸術文化交流会館の公演を中止。しかし、松山の強い希望で6月10日(月)大阪国際会議場グランキューブは開催されたものの、翌日「急性喉頭炎」の悪化の症状がみられ医師よりしばらく安静が必要との診断を受け、プロダクション並びに主催者の判断により6月11日(火)のグランキューブ大阪に続き、名古屋公演の中止が決定したという。
 
チケット払い戻しに関する問い合わせは、6月11日(火)大阪公演はサウンドクリエーターホームページに、6月17日(月)、18日(火) 名古屋公演はサンデーフォークプロモーションホームページに掲載されている。千春を見守る会優先チケットに関しては、郵便為替にて7月中旬より随時返金される。