日本を代表するアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展『THE ドラえもん展 OSAKA 2019』が、2019年9月23日(月・祝)まで、大阪文化館・天保山(海遊館となり)にて開催中だ。開幕前日の7月11日(木)には、特別内覧会と開会式も開かれ、大きな盛り上がりを見せた。

展覧会ロゴ

展覧会ロゴ

記者発表には、本展の参加アーティストである森村泰昌、増田セバスチャンも出席し、挨拶や写真撮影が行われた。森村泰昌は「いよいよ大阪に『THE ドラえもん展』がやってきて、嬉しいです」と感無量の様子で、作品については「今回は、紙を使って衣装を作るコイケジュンコさんとコラボして、ドラえもんの漫画を集めてドレスを作っていただきました。そして時間と空間を操る、タイムマシンとどこでもドアを組み合わせ、今回はあえてグレーの作品に仕上げました」と話した。また、展覧会については「会場全体がドラえもんのポケットのように、28組30名のアーティストのアイディアが詰まっており、とても楽しめます。関西の多くの方にご覧いただきたいです」と本展への来場を呼びかけた。

森村泰昌 (C)Ji-Ku-Mo-Ko Project(森村泰昌+コイケジュンコ) (C)Fujiko-Pro

森村泰昌 (C)Ji-Ku-Mo-Ko Project(森村泰昌+コイケジュンコ) (C)Fujiko-Pro

増田セバスチャンは、「実は僕はドラえもんと同じ年、そしてのび太と同じ誕生日です(笑)。生まれついてのドラえもん愛が染みついています」とドラえもんへの愛を語り、作品については「私の作品は、実は奈良(東大寺)の大仏ぐらい大きく作りたかったのですが、会場に入らなかったので、高さ2メートルにしました(笑)。世界中のマーケットからマテリアルを集めてきて、世界中の色を集めました」と話した。また、大阪の方へのメッセージとして「大阪の子ども達に作品を見ていただき、おっきいなあ、凄いなあ、と感じてもらえると嬉しいです」とコメントした。

 (C)2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved. (C)Fujiko-Pro

(C)2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved. (C)Fujiko-Pro

特別展『THE ドラえもん展 OSAKA 2019』は、9月23日(月・祝)までの開催。