手塚愛子展『Dear Oblivion ―親愛なる忘却へ―』が、2019年9月4日(水)〜18日(水)まで、東京・南青山のスパイラルガーデン(スパイラル 1F)にて開催される。

《親愛なる忘却へ(美子皇后について)》(織物部分)Photo (C) Lepkowski Studios, Berlin

《親愛なる忘却へ(美子皇后について)》(織物部分)Photo (C) Lepkowski Studios, Berlin

手塚愛子は、絵画を探求するなかで織物に着目し、織物の解体と再構築という独自の手法を用いた作品が国内外で高い評価を受け、近年はベルリンを拠点に活動している。スパイラルガーデンでは2007年に『薄い膜、地下の森』と題した個展を開催。12年ぶりの同会場での個展となる本展では、日本と西欧、美術と工芸、近代と現代、過去と現在、それぞれの出会い、あるいは分岐についての考察から生まれた新作4点を発表する。

《華の闇(夜警 02)》Photo (C) Lepkowski Studios, Berlin

《華の闇(夜警 02)》Photo (C) Lepkowski Studios, Berlin

江戸末期、日本から西欧への輸出品として重宝された薩摩ボタンをモチーフにした《必要性と振る舞い(薩摩ボタンへの考察)》、明治期に織られたテーブルクロスを現代に蘇らせる《京都で織りなおし》、洋装を初めて取り入れたことでも知られる昭憲皇太后の大礼服のデザインに着想を得た《親愛なる忘却へ(美子皇后について)》、レンブラントの《夜警》とインド更紗を引用した《華の闇(夜警)》。いずれの新作も、KCI(京都服飾文化研究財団)、川島織物セルコン、共立女子大学博物館、テキスタイル博物館 テキスタイルラボ(ティルブルフ、オランダ)との協働によって制作された。

《京都で織りなおし》Photo:川島織物セルコン

《京都で織りなおし》Photo:川島織物セルコン

ヒエラルキーがいまだに存在する芸術の領域において「工芸的」「装飾的」とも見なされる手法を用いながら、しなやかにそしてしたたかに、モダニズム美術あるいは近代それ自体を検討し、問いを投げかける手塚愛子の新たな展開に注目だ。