12月から来年3月まで全国を縦断するASKAの最新ツアー『ASKA premium ensemble concert -higher ground-』で、バンド+ストリングスという新しいスタイルに挑戦する。

2018年のオーケストラ公演『THE PRIDE』から1年。バンドツアーを経て挑む新舞台では、バンド+ストリングスという新しいスタイルに挑戦し、11月20日発売予定のシングルCDより、新曲「歌になりたい」をステージ披露することが決定した。

ASKA

ASKA

“higher ground=さらなる高み”というツアータイトルのもと、澤近泰輔(Pf、編曲)をバンドマスターに、菅沼孝三(Dr)、古川昌義(Gt)、鈴川真樹(Gt)、荻原基文(Bs)、SHUUBI(Cho)、西司(Cho)ら盟友による「ASKAバンド」のダイナミックなサウンドと、クラシック界の名手が集結した「ビルボードクラシックスストリングス」による弦楽アンサンブルとが融合した“プレミアムサウンド”を楽しみにしていよう。

『ASKA premium ensemble concert -higher ground-』先行チケットは、10月19日より各プレイガイドで販売開始となる。

ASKA

ASKA