2019年12月21日(土)、22日(日)にパシフィコ横浜 会議センターで開催される『お城EXPO 2019』で、初公開となる史料「豊臣秀吉朱印状」「石田三成書状」「徳川家康書状」が展示されることが決定した。

「豊臣秀吉朱印状」「石田三成書状」「徳川家康書状」は、いずれも『お城EXPO 2019』での展示が初公開となり、豊臣政権の完成から江戸幕府成立への過程などを、 史料を中心として紹介する『お城EXPO 2019』内の企画展「天下の行方-大坂の陣その後-」で展示される。

「豊臣秀吉朱印状」は、1591年(天正19年)に葛西大崎一揆や九戸政実の乱など、東北での豊臣政権への反乱を鎮圧するために編成された軍勢(奥州再仕置軍)に発給された朱印状。軍内での乱暴狼藉や喧嘩、住民への横暴に対して厳しく処分するなど、軍勢の規律を徹底するよう記されている。この朱印状は前田育徳会尊経閣文庫に原本が、米沢市上杉博物館に写しが伝来しており、今回展示するものは他の大名に発給されたと考えらえる原本で、豊臣秀吉が東北での反乱に対し組織的に大名を動員していたことが分かる。日本城郭協会理事長・小和田哲男氏は「秀吉による天下統一最後の戦いに関して、また、豊臣政権が配下の大名の軍勢を掌握していたことを示す貴重な史料です 」とコメントしている。

初公開「石田三成書状」

初公開「石田三成書状」

「石田三成書状」は、石田三成が陸奥国岩城(現・福島県いわき市)の大名であった岩城貞隆の家臣・佐藤大隅守(佐藤貞信)に宛てた書状。 今回は、石田三成が豊臣秀吉の奉行として奥州で中心的な役割を果たしていたことがうかがえる書状計3通が初公開される。このうち2通は、1591年(天正19年)に東北での奥州再仕置軍に同行した際に書かれたもの。石田三成が岩城に入るにあたり、馬屋・鷹小屋の設置や、自身の宿所に囲炉裏などの暖房器具を設置すること、畳敷きや障子貼りなどの調度品や干し柿を用意することなどを、事細かに要求する内容が記されている。大阪城天守閣研究副主幹の跡部信氏は「細やかな気づかいによって秀吉の心をつかんだ石田三成が、他人に対しても非常に細かい指示を出しており、 性格がうかがえて面白い史料です」とコメントしている。

初公開「徳川家康書状」

初公開「徳川家康書状」

「徳川家康書状」は、徳川家康が1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いを前に、越後本庄城の城主・村上周防守(村上頼勝)へ宛てた書状。上杉征伐に際し領国から勝手に動かないよう命じた内容で、大名の動きを事前に封じる徳川家康の思惑をうかがうことができる貴重な史料だ。

『お城EXPO 2019』内の企画展「天下の行方-大坂の陣その後-」では、このほかにも、凸版印刷株式会社によりデジタル想定復元された「大坂冬の陣図屛風」をはじめ、関東初公開資料を含む多数の現物史料により、豊臣秀吉の天下統一から江戸幕府の権力確立までの過程が紹介される。