宝塚歌劇宙組公演の宝塚ミュージカル・ロマン『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』が11月15日(金)、兵庫県・宝塚大劇場で開幕した。

■宝塚ミュージカル・ロマン『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』<作・演出/大野拓史>

●遠い異国の地でなぜ日本の侍の伝説が残っているのか

『El Japón』は日本から遠く離れたスペイン南部の町、コリア・デル・リオで語り継がれている日本の侍の伝説の真相を描いた物語。慶長18年、夢想願流剣術の名手・蒲田治道は、仙台藩が派遣する慶長遣欧使節団の一員として、スペイン(イスパニア)へたどり着く。ところが国王フェリペ3世との交渉が難航し、港町セビリアの郊外にあるコリア・デル・リオで足止めを食らうことに。

宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) −イスパニアのサムライ−』

宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) −イスパニアのサムライ−』

そんなある日、治道は一人の日本人女性を救助。彼女は、農場に奴隷として売られたが、脱走をしてきたという。そして、匿う先を探しているとき、宿屋を営む女性カタリナと出会う。彼女は、その一帯を牛耳る大農場主ドン・フェルディナンドから邪な欲望を抱かれていた。

●宙組トップスター・真風涼帆とトップ娘役・星風まどかの演技に心揺さぶられる

蒲田治道役には、宙組トップスターの真風涼帆。異国の地であっても侍としての気高さを決して失わず、日本人奴隷たちのために尽力し、悪に立ち向かう正義感と優しさを持つ、まさにヒーロー。真風が、その人間像を勇壮に演じている。カタリナ役には、宙組トップ娘役の星風まどか。亡き夫への深い愛情、そして遺された宿屋を守り抜こうとする気丈さ。星風のエネルギッシュな芝居が、キャラクターの力強さをより印象づける。

宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) −イスパニアのサムライ−』

宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) −イスパニアのサムライ−』

大切な人のことが忘れられず、面影を引きずって生きている治道とカタリナ。ふたりの悲痛な想いと、それでも前に進んでいこうとする姿に心が揺さぶられる。また、快活な剣術シーンの数々からも目が離せない。

宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) −イスパニアのサムライ−』

宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) −イスパニアのサムライ−』

■ショー・トゥー・クール『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』〜生命の水〜<作・演出/藤井大介>

ショー・トゥー・クール『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』〜生命の水〜は、ウイスキーをテーマに構成し、芳醇なイメージを漂わせるショー作品。真風涼帆のスタイリッシュでクールな格好良さ、その深みのある存在感に酔いしれることができる。

ショー・トゥー・クール 『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』 〜生命の水〜 

ショー・トゥー・クール 『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』 〜生命の水〜 

また、真風を中心とした宙組メンバーによるダンスも圧巻。トロピカルな雰囲気、ダンディーなムードなど、様々なシチュエーションを背景に、宙組が個性的な魅力を発揮している。

ショー・トゥー・クール 『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』 〜生命の水〜 

ショー・トゥー・クール 『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』 〜生命の水〜 

宝塚ミュージカル・ロマン『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』、ショー・トゥー・クール『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』〜生命の水〜は12月15日まで宝塚大劇場にて、東京宝塚劇場では2020年1月3日から2月16日まで開催される。

取材・文=田辺ユウキ 撮影=田浦ボン