11月16日(土)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザにて、『ParaFes 2019 〜UNLOCK YOURSELF〜』が開催され、過去最高となる6,400名の観客が来場した。
『ParaFes』は、日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)が「パラスポーツの普及啓発を通じインクルーシブ社会の実現を目指す」ためのライブエンターテインメントイベント。4回目を迎える今年は、「応援」をテーマに開催された。



海外でも活躍するYamatoのDJパフォーマンスで幕が開き、リオ2016パラリンピック閉会式に出演した大前光市らダイバーシティな構成のパフォーマーによる「応援」をテーマにしたオープニングアクトで会場とステージが一体に。ここで、パラサポスペシャルサポーターの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が登場。パラサポ会長・山脇康氏が「たくさんの方にご参加いただきありがとうございます。東京2020パラリンピックまであと283日。みんなで大いに盛り上げて一人ひとりが活躍できるインクルーシブな社会を一緒に作っていきましょう」と挨拶し、国際パラリンピック委員会(IPC)会長アンドリュー・パーソンズ氏がビデオメッセージで開会を宣言した。







続いて、東京2020パラリンピックで実施される22競技の中から、アーチェリー、5人制サッカー(ブラインドサッカー)、パワーリフティングをフィーチャーし、稲垣、草彅、香取がナビゲート。各競技団体が東京パラリンピックに推薦する東京2020パラリンピック内定選手らパラアスリートが、競技会場とは違うステージングの施された舞台でデモンストレーションを披露すると、会場は応援の大歓声と手拍子で熱気に満ちあふれた。




続いて、障がいを持つアーティストたちによる“UNLOCK LIVE”がスタート。全盲の中学生シンガーわたなべちひろさん、全盲の中学生ドラマー酒井響希さん、リオ2016パラリンピック閉会式でもパフォーマンスを披露した両腕のないブラジル人ピアニスト兼ギタリストのジョナタ・バストス(Johnatha Bastos)がコラボレーション。さらに、Little Glee Monsterも加わり「ECHO」を熱唱した。ラストはパフォーマーも登場し、壮大な「This Is Me」のパフォーマンスで会場は感動に包まれた。



“SPECIAL LIVE”には、ウルフルズが登場し、数々のヒット曲を歌い上げ、迫力のステージを繰り広げた。ラストの「ガッツだぜ‼」では観客と一緒に盛り上がり、大歓声の中グランドフィナーレへ突入。アスリートとアーティストが稲垣、草彅、香取とともにパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」を披露した。香取が「あと283日。あっという間かもしれませんが、今日感じたパラスポーツのすばらしさを周りにも伝えてもらって、東京2020パラリンピックに向けて皆さん一緒に盛り上げましょう」と、コメントしParaFes 2019は大盛況のうちに幕を閉じた。







また、サブアリーナで開催された『i enjoy ! パラスポーツパーク』も大盛況。今回新たに加わったトライアスロン(タンデムバイク)、車いすフェンシング、アーチェリーと、車いすバスケットボール、ボッチャ、パラ陸上(レーサー)、視覚障害者柔道、パワーリフティングの計8競技を、家族連れなどのべ7,000名が体験した。
また、人気動画クリエイターの体験企画や、ParaFes協賛企業ブース、IPCとWOWOWのパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ『WHO I AM』上映ブース、日本財団ボランティアサポートセンターによる『コツコツ点字ブロックタイムトライアル』ブースなどのコンテンツも登場した。
『ParaFes 2019』と『i enjoy ! パラスポーツパーク』には、約200名の企業や団体のボランティアが参加。ボランティアは事前にパラサポのダイバーシティ研修「あすチャレ!Academy」の特別版を受講する等の準備を行い、当日を迎えた。恒例となった手話パフォーマーのイッチローとKANAによる聴覚障がい者向けの情報保障や、音楽などと連動して振動するクッションが設置された席も設けられていた。