春奈るなが、11 月 16 日(土)東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE にてワンマンライブを開催、同ライブの公式レポートが到着した。以下、掲載する。

映画ランキングにて初登場5位を記録し、現在も大ヒット公開中の劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』主題歌「glorydays」と、作中に登場するサークル名にちなんで、「春奈るな LIVE 2019 “blessing days”」と名付けられたライブは、発売と同時にチケットが SOLD OUT。


1 曲目はTVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』OP テーマ「ステラブリーズ」からスタートし、ライブ冒頭から会場は一気にヒートアップ。その後も「アイヲウタエ」(TV アニメ『<物語>シリーズセカンドシーズン ED テーマ)、「桃色タイフーン」(TV アニメ『ゆらぎ荘の幽奈さん』OP テーマ)、「空は高く風は歌う」(TV アニメ『Fate/Zero』2 シーズン ED テーマ)など、新旧織り交ぜた楽曲で会場を沸かせる。



そして今年“童話 2次創作シリーズ”として配信リリースした「ルパとアリエス」「回転木馬」では、ミュージカルを観ているかのような、春奈らしいダークな世界観を披露。


MCを挟んでEP「glory days」にも収録されている『冴えカノ』TV シリーズ EDテーマのカバー2曲へ。妄想キャリブレーションのカバー「桜色ダイアリー」では、「私一人では妄キャリちゃんの 5人分にはとても足りないので、みんなも一緒に歌って!」との春奈の呼びかけに会場が答える。

つづく沢井美空カバー「カラフル。」では、サビの“廻る 廻る”という歌詞にちなんで、タオルを廻して会場が一体となった。その後も寒い季節にぴったりな「snowdrop」(TV アニメ『<物語>シリーズセカンドシーズン”恋物語”』ED テーマ)、さらには TV アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズのEDテーマ「Overfly」と「Startear」を2曲続けて披露すると、会場の熱気も最高潮に。


そして本編最後は、劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』主題歌「glory days」。「私の”冴えカノ愛”を存分に盛り込みました」という春奈の言葉に応えるように、客席では涙する姿が多数見られた。


続くアンコールは、出会いに対する感謝を歌った「REASON」(3rdALBUM「LUNARIUM」収録)からスタート。意外な選曲と真直ぐに歌う春奈が更に涙を誘う。そしてライブ最後の曲は、TVアニメ『冴えない彼女の育てかた』OP テーマ「君色シグナル」。ラストにきて「冴えカノ」シリーズ楽曲を全て披露し、会場は大熱狂。

最後のMCで春奈は、「私はみんなや、携わらせていただいている作品から、沢山の勇気をもらっています。これからも、音楽にして、歌にして、歌詞にして、みんなに感謝の想いを届けていきます!」と客席に約束、来年 2月8日(土)、東京・ShibuyaGlad にて真冬のプレ三マムライブを開催することも発表し、ライブは幕を閉じた。


春奈るなは、10月に「glory days」の発売を記念したリリースイベントを各地で実施。ライブのチケットが SOLD OUT ということもあり、主に映画を観た「冴えカノ」ファンから、リリースイベントの追加を望む声が寄せられ、新たに11月24日(日)神奈川県・川崎ラ チッタデッラ 中央噴水広場、11 月 30 日(土)東京都・昭島モリタウン、12 月 1 日(日)福岡県・HMV&BOOKS HAKATA でのリリースイベントが追加決定。

今後の新情報も随時更新されるとのことなのでオフィシャル HP をチェックしよう。