2020年夏、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」第二弾となる、『死神遣いの事件帖』(映画、舞台の共通タイトル)の製作が決定したことが発表された。

第一弾である『GOZEN』に引き続いて第二弾も時代劇。江戸を舞台に新たなヒーローとその相棒が活躍する物語だ。映画編の主人公は、探偵業を営む久坂幻士郎(くさか げんしろう)。幻士郎は、豊臣家に仕えた高名な傀儡子(人形遣い)の息子で、「死神遣い」。契約関係にある死神の十蘭(じゅうらん)を相棒とし、江戸の町で起きる事件を解決していく。
そして一方、舞台編は吉原遊廓の惣名主を父にもつ、侠客のリーダー庄司新之助(しょうじ しんのすけ)を主人公として、死神・十蘭が大暴れするという、映画編の物語を引き継ぐものになっている。

(C)2020 toei-movie-st

(C)2020 toei-movie-st

本映画の主演、傀儡探偵・久坂幻士郎を演じるのは舞台・映画「刀剣乱舞」シリーズや映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2020年公開)の鈴木拡樹(※映画のみの出演)。死神・十蘭を演じるのは、7ORDER project の安井謙太郎。そして、映画に続く舞台での主演となる侠客のリーダー・庄司新之助を演じるのは、舞台『幽☆遊☆白書』やミュージカル『刀剣乱舞』の崎山つばさ。人気若手俳優が映画編、舞台編に出演する。

また、映画編の監督は柴﨑貴行。平成仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズで活躍する、柴﨑にとって、今作が初の時代劇作品となる。脚本は須藤泰司。「探偵はBARにいる」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した脚本家による、オリジナル作品だ。
そして、舞台編の脚本・演出は、東映ムビ×ステ第一弾『GOZEN-狂乱の剣-』、舞台『仮面ライダー斬月』の毛利亘宏(少年社中)が務める。原案は、映画編から続き須藤が担当し、映画と舞台を連動させていく。

映画「死神遣いの事件帖」は2020年初夏公開、また舞台『死神遣いの事件帖』は映画公開後、2020年夏に上演を予定している。

(C)2020 toei-movie-st

(C)2020 toei-movie-st

鈴木拡樹(久坂幻士郎(くさか げんしろう)役) コメント

「東映ムビ×ステ」第二弾に参加させていただくことになりました。
今作は、“死神遣い”という今まで皆さんが見たことがないんじゃないかと思うものを題材にしています。
相棒の十蘭と共に探偵のように事件を解決していきますので、その解決の模様をお楽しみいただけたらなと思います。皆様どうぞ宜しくお願いします。

安井謙太郎(十蘭(じゅうらん)役) コメント

死神・十蘭を演じさせていただきます安井謙太郎です。
人生の中で一度は演じてみたかった死神をこのタイミングで演じられることが楽しみです。
様々なジャンルの作品の良いところを混ぜ合わせたような作品。普段時代劇を見られない方でも楽しんでいただけるものになっていると思いますので、是非劇場でご覧ください。

崎山つばさ(庄司新之助(しょうじ しんのすけ)役) コメント

映画から舞台へと物語が続くプロジェクトということで、映画を観てくださった方が舞台を観たいと思ってくれて、舞台を観た時に「映画」と「舞台」が一つの物語として楽しんでいただけるようしっかりと繋げていきたいと思っています。
映像ならでは、舞台ならではのそれぞれ違った楽しみ方を劇場で体感していただけたら幸いでございます。特に殺陣のシーンはそれぞれ変わった視点で観ていただけると思います。