映画『ヒノマルソウル』に山田裕貴が出演することが決定。あわせて、本作が6月19日(金)に劇場公開されることがわかった。
『ヒノマルソウル』は、実在するスキージャンパー・西方仁也を主人公とした映画。西方は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦メンバーとして日本代表を牽引するも金メダルを逃し、1998年の長野五輪での雪辱を誓うが、代表候補として有力視されながら落選。テストジャンパーとなって、日本代表選手を裏方として支えた人物だ。物語は、西方の金メダルへの想いや挫折、原田雅彦との友情、怒りと嫉妬のほか、長野五輪に向けて西方率いる25人のテストジャンパーたちが行った決死のテストジャンプにまつわるドラマを史実に基づき描き出す。主人公・西方仁也を演じるのは、『おっさんずラブ』シリーズの田中圭。『荒川アンダーザブリッジ』の飯塚健監督がメガホンをとる。
本作への出演が決まった山田は、25人のテストジャンパーのひとり、高橋竜二役で登場。高橋竜二は北海道札幌市出身で、聴覚障害を持ったスキージャンパー。1998年のSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルにおいて岡部孝信、宮平秀治らを破り優勝した後、長野五輪にテストジャンパーとして参加している。

1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真

1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真

山田は、今年『SEDAI WARS』(MBS・TBS)、『ホームルーム』(MBS)と1月期のドラマ2作の主演をつとめている。本作の主演・田中圭とは、2018年のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ)以来の共演となり、飯塚健監督とは同年の映画『虹色デイズ』以来のタッグとなる。
出演が決定した山田と飯塚監督のコメントは以下のとおり。

 

山田裕貴(高橋竜二 役)

小学校の頃に見た長野オリンピック、スキージャンプの映像が今でも頭の中に浮かびます。初めてのスキーに挑戦ですが、とにかく練習します(笑)。このお話は中継にも載っていない裏側のお話。"目に見えていない部分も見ようとする"これを大事にしているのですが、表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。チーム一丸!!生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい。

 

飯塚健(監督)

聴覚に障害のあるジャンパー。もう難役であることがお分かり頂けると思います。だとしたら、と考えた時、浮かんだのがやや熱めの男、山田裕貴くんの顔でした。先日も「スキー練習、頼むね」というようなやり取りをしたのですが、「御意」と返信が来たので、全幅の信頼を寄せています。二度目のセッションが楽しみです。
また、1月13日(月・祝)放送の『2020HBCカップジャンプ』(札幌市大倉山ジャンプ競技場にて開催)に山田がゲスト出演することも決定。番組には、解説で原田雅彦、ゲストで西方仁也本人も出演する。山田は、本作のモチーフとなった二人とともに至近距離でスキージャンプ競技を観戦することになる。
『ヒノマルソウル』は2020年6月19日(金)全国公開。