andropが1月11日・12日に東京・人見記念講堂でデビュー10周年を記念したアニバーサリーライブを開催した。
公演決定を発表するや即ソールドアウトとなった2日間。andropのアニバーサリーを祝おうと、会場には高倍率のプレミアチケットを手にしたファンが集まった。
ライブは、andropが2009年12月にデビューしてからの10年間を凝縮し、楽曲で一つひとつを丁寧に辿る、”集大成”のような内容となった。オープニングでは内澤崇仁(Vocal&Guitar)が無音の中で登場し、「Image Word」を歌唱。1人でそっと歌い始めたところに、メンバーが1人、また1人と加わっていく。「andropメンバー4人、初めてスタジオで呼吸を合わせた曲」という当時の様子を再現しているかのようなオープニングの演出に涙を流すファンも。

撮影=Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER)

撮影=Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER)

その後はデビューから順を辿るよう、初期の楽曲から披露。MCでは内澤が「End roll」制作時を振り返り「そのときは10年続けようとか続けられるとか思っていなくて……」と話し、「今、どう思っているかというと、”音楽やっていて良かったな“ “今日このステージに立てて良かったな”と思っています」と、ライブに懸ける想いを伝えた。
また、この日はCreepy Nutsがサプライズで登場。ステージに現れると大きな歓声を受け、2017年にコラボレーションをした「SOS! feat. Creepy Nuts」を披露して、会場を盛り上げた。
andropはアンコールの終了後、止まないコールに応えて、ダブルアンコールで再登場。出来たばかりという未発表の新曲を披露し、10周年という節目と共にこれから始まる11年目を感じさせてライブは幕を閉じた。

撮影=Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER)

撮影=Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER)

なお、andropは、6月12日からの全国ワンマンライブハウスツアーの開催も控えている。