2020年、3年ぶりに赤坂大歌舞伎が帰ってくる。5月にTBS 赤坂ACTシアターにて上演が決まっていた本公演の演目、詳細が発表された。

赤坂大歌舞伎とは、十八代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から2008 年にスタートし、誰にでも親しみやすい演目で幅広く人気を博してきた名物シリーズ。2013年からは中村勘九郎、中村七之助兄弟が亡き父の遺志を継いで公演を続け、さらなる進化を遂げてきた。そして、シリーズ6回目となる今回は中村獅童も加わる。

本公演のタイトルは『怪談 牡丹燈籠』。三遊亭圓朝の長編落語が原作で、三大怪談噺の一つと呼ばれ、明治25年に歌舞伎になって以降、何度も上演されてきた人気の演目。赤坂大歌舞伎では、脚本と演出に昨年放送されたテレビドラマ版でも脚本・演出を手掛けた源孝志をむかえ、原作落語にある人間模様の面白さを再発掘し、新たな解釈も加えた新作に挑む。
男女の愛憎、富を手に入れ狂い出す人生、忠義ゆえに企んだ仇討ち……情事とサスペンスまでもが絡み合い、人間の煩悩や本質をも描く。そんな濃厚な物語の登場人物を、今後の歌舞伎界を担う人気役者たちが競演する、令和版の「牡丹燈籠」に、期待が高まるばかりだ。

日程は5月5日(火・祝)〜5月24日(日)までの上演となる。